吉田凌プロ初登板初先発へ


10月3日の日本ハム戦で高卒2年目の吉田凌がプロ初登板初先発します。

 

吉田凌は2015年ドラフト5位で東海大相模からオリックスに入団。

 

中日の小笠原慎之介と左右両エースで甲子園優勝しました。

 

 

2年間ファームでみっちり鍛え、いよいよプロ初登板初先発のマウンドに上がります。

 

 

吉田凌の今年のファームでの成績は

16試合に登板し、6勝5敗防御率2.37という成績です。

 

防御率2.37は良い成績ですよね。

また、直前の先発だった9月21日のウエスタンのソフトバンク戦では、二軍ながらプロ初完封しました。

 

その試合がオリックスファームの本拠地最終戦であり、舞洲元年に本拠地最終戦を完封で飾ってくれました。

 

 

消化試合ではありますが、一軍の打者相手にどんなピッチングをするのか楽しみにしたいと思います。

 

 

余談ですが

同級生の佐藤世那はどんな気持ちなんでしょうね。

 

佐藤世那は一軍に一足先に登録されるも1試合も登板することなく、二軍落ちしたのに、吉田凌は先発の機会が与えられた。

スポンサーリンク

 

確かに、ファームでの成績は佐藤世那より吉田凌の方が良いですから、仕方ない部分はありますが。

 

佐藤世那はきっと悔しいでしょうね。

 

将来オリックスを引っ張る投手になってほしいので、佐藤世那もそうですが、まずは吉田凌の初先発を楽しみにしたいと思います。

 

そして気になる初登板の結果はこちらから

吉田凌デビュー戦はプロ初黒星

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「吉田凌プロ初登板初先発へ」への2件のフィードバック

  1. どちらもオリを救ってくれる
    投手ではあるんだけども、来季はどうなるのかなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。