竹安大知オリックス移籍後初先発も近藤大亮2試合連続敗戦投手

IMG_1108

6月12日 京セラドーム大阪

オリックスー中日 2回戦

 

竹安大知オリックス移籍後初先発でした。

ほとんどのイニングで先頭バッターを出して不安定なピッチングでしたが、6回途中2失点はまずまずでしょうか。

 

それよりも近藤大亮が2試合連続で敗戦投手とは情けない。

 

打線もロメロが大ブレーキでした。

スポンサーリンク

 

オリックス2-6中日

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.センター 佐野皓大

2.セカンド 福田周平

3.指名打者 吉田正尚

4.レフト ロメロ

5.ファースト 中川圭太

6.サード 小島脩平

7.ライト 西村凌

8.ショート 大城滉二

9.キャッチャー 飯田大祐

ピッチャー 竹安大知

 

 

竹安は初回から危なっかしいピッチングでした。

 

〈2回表〉

2死から京田にツーベース打たれて、2死2塁から

加藤に先制のタイムリー打たれました。0-1

 

 

しかし、今日は打線が早い回で応えます。

 

〈3回裏〉

この回先頭の大城がツーベースで出塁すると、飯田は三振で、1死2塁から

佐野のタイムリーツーベースで同点に追いつきました。1-1

 

さらに1死2塁から

福田のタイムリーで勝ち越しました。2-1

 

ここまでは良かったんですがね。

 

 

竹安は勝利投手目前でした。

 

〈5回表〉

この回先頭の井領にツーベース打たれると、続く三ツ俣は進塁打で、1死3塁から

大島に同点のタイムリー打たれました。2-2

 

 

竹安は6回もピンチを作り、途中降板。

 

しかし、2番手の海田が6.7回としっかり抑えてくれました。

 

 

しかし、8回に登板した近藤大亮が大誤算でした。

 

〈8回表〉

1死からビシエドにデッドボール与えると、続く福田にはヒット。

 

さらに藤井にもヒットで、1死満塁から

京田に勝ち越しのタイムリー打たれました。2-3

 

さらに加藤は三振で、2死満塁から

井領に走者一掃の3点タイムリースリーベース打たれました。2-6

 

ここでノックアウト。

2試合連続でやられて本当に情けないてす。

 

打線も得点した回以外は全くでした。

 

特にロメロ。

今日、何回ランナー1.2塁で回ってきたか。

 

中軸が打たないと話になりません。

 

せっかくした3連勝も3連敗でふいに。

 

だから西野を使ってほしい。

 

横浜戦で2勝できたのは西野の活躍でしょ。

 

左の東からも打ったのに。

 

神宮では指名打者が使えないからスタメンから外れてしまったのは、まあしょうがないにしても、ホームなら使えるはず。

 

明日は中日に3連敗なぞできひんぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。Be Agrresive

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“竹安大知オリックス移籍後初先発も近藤大亮2試合連続敗戦投手” への 2 件のフィードバック

  1. 近藤はキツいですね…
    四球押し出し事件あたりからなんというか派手なのが多くてすごく悪い意味で印象に残る
    近藤がというよりストレートでグイグイ押すだけの投手があまり通用しなくなってきてる気がします

    1. ののさん

      昨日は特に全部追い込んでからですからね。本当にもったいなかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。