宗佑磨プロ初ヒットも平野佳寿痛恨の同点被弾


9月27日 京セラドーム大阪

オリックスー日本ハム 23回戦

 

3年目宗佑磨にプロ初ヒットが飛び出し、エース金子千尋が7回1失点の好投でしたが、勝利まであと1球というところから、痛恨の逆転負けです。

スポンサーリンク

オリックス2-3日本ハム

 

先発ピッチャーは金子千尋と斎藤佑樹です。

 

序盤は斎藤佑樹に抑えられますが、先制点はとりました。

 

4回裏

1死から小谷野がフォアボールで出塁すると、続くマレーロは内野安打、さらに斎藤佑樹のエラーも重なり1死1.3塁から

中島の犠牲フライで先制しました。1-0

 

 

しかし、直後の5回表

1死から大野にツーベース打たれると、石井一は三振にとって2死2塁から

西川に同点タイムリー打たれました。1-1

 

金子千尋はなんとか最少失点で粘ってくれました。

主砲がエースの力投に応えます。

 

6回裏

ロメロが勝ち越しの第26号ホームラン!!2-1

 

ロメロも気づけば26本打ってるんですね。ケガがなければ30本いけますね。

 

 

金子千尋は7回を投げて1失点のナイスピッチング。

 

8回は近藤がパーフェクトリリーフで9回の平野佳寿へ。

 

しかし9回表

先頭の中田翔をファーストフライ。

続くレアードを空振り三振。

 

さあ、金子千尋の13勝目が目前と迫っていましたが…

 

続く横尾に痛恨の同点のホームラン打たれました。2-2

 

 

追い込んでいたのに。痛恨の同点被弾です。

金子千尋の13勝目が消えました。

 

 

試合は延長へ!!

 

10回表はヘルメンが満塁のピンチを招きますが、なんとか踏ん張りました。

 

 

しかし11回表

この回は比嘉が登板。

 

レアード、横尾と打ち取りますが

2死ランナー無しから大田泰示に勝ち越しのホームラン打たれました。2-3

 

 

このまま試合終了。

金子千尋の力投で良い試合だったとなるところが、9回2死からの痛恨の同点被弾で、なんとも悔しい負けとなってしまいました。

 

 

消化試合で良かったですが、これが優勝、クライマックスシリーズ争いの真っ只中なら、すごく引きずる負けですね。

 

唯一の収穫は宗佑磨のプロ初ヒットですかね。

 

それ以外の打席が全然だったのでまだまだですが、まずはプロの第一歩踏み出せて良かったです。

 

 

チームとしては連敗早く止めましょう。

 

明日は吉田一将なんですね。久しぶりの先発なので楽しみにしてます。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「宗佑磨プロ初ヒットも平野佳寿痛恨の同点被弾」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。