山崎福也強制送還 またも試合中に


9月18日 札幌ドーム

日本ハムーオリックス 21回戦

 

山崎福也が初回、1死しか取れずノックアウト。打線も1点に抑えられ、完敗です。

スポンサーリンク

オリックス1-7日本ハム

 

先発ピッチャーは山崎福也と吉田です。

 

初回が全てでした!

 

1回裏

先頭の西川にいきなりフォアボールを与えると

 

1死後、大谷翔平にヒットでつながれ1死1.3塁から

中田翔のサードゴロを小谷野が痛恨のタイムリーエラー。0-1

 

本来ならゲッツーでチェンジでした。

 

さらにレアードにフォアボールを与え、1死満塁から

横尾に2点タイムリーツーベース打たれました。0-3

 

さらに大田泰示にフォアボールを与えたところで、山崎福也はノックアウト!!

 

なんと1イニングも持ちませんでした。小谷野のエラーがあったとはいえ、フォアボールも3つ絡んでますからね。

 

 

2番手は小林です。

 

山崎福也が作った1死満塁のピンチで

清水のショートゴロ併殺崩れの間に1点失いました。0-4

 

 

初回から台所事情が大変になりましたが、オリックスも反撃します。

 

2回表

2死からフォアボールで出塁した中島を1塁において

安達のタイムリーツーベースで1点返しました。1-4

 

 

初回の4点は重いですが、2番手小林は5回まで素晴らしいピッチングでゲームを立て直しました。

 

 

しかし、ピッチャーが比嘉に変わった6回でした。

 

6回裏

1死からレアードにホームラン打たれました。1-5

比嘉は今シーズン初失点です。

 

 

さらに7回裏

この回登板の金田が、石井一にフォアボールを与え、1死1塁から

西川にだめ押しの2ランホームラン打たれました。1-7

 

 

打線の方は日本ハム先発の吉田を打てず。継投にかわされ、今日は完敗でした。

 

日本ハムの吉田にプロ初勝利を献上です。

 

 

山崎福也は1死しかし取れず、4失点(自責点は2)で、試合中に宿舎に強制的に帰らされました。

 

 

山崎福也は5月にも不甲斐ないピッチングで強制的に帰らされています。チームが1番負けが込んでいた時ですね。

 

この時は千葉でのゲームだったので、大阪まで帰らされました。

試合途中で強制帰阪

 

その日の試合内容はこちら

ロッテにも勝てないか

 

 

今日の試合の本人のコメント

「悔しいとしか言いようがありません。」

 

福良監督はもうチャンスはないでしょうとコメントしてます。

 

 

フォアボールが多く、内容が悪いですよね。

何回もチャンスをもらって、十分の調整期間をもらって、このピッチングは厳しいですね。

 

 

小林がロングリリーフで好投したので、残り試合は若手にチャンスを与えてほしいと思います。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「山崎福也強制送還 またも試合中に」への3件のフィードバック

  1. 山崎違いとか色々横浜ではドラフト言われていたからなぁ…
    そういう意味でもオリの山崎には注目しておる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。