投げずに敬遠 イチローおもしろくない

IMG_1108

投げずに敬遠

 

メジャーリーグでは今年から新ルールとして、敬遠の意思を示せば、4球投げずに敬遠できるという新ルールを設定しています。

 

なかなか、メジャーリーグで日本人野手が該当場面に当たる事がなかったのですが、昨日、イチローの打席でそれが行われました。

 

 

打席に立ち、いつものルーティンを行おうとした時、急に主審から「一塁に行け!」と。

 

レガースを外し、一塁へと向かい出しました。

 

試合後、投げずに敬遠された事に対しイチローは

おもしろくない。4球の間に空気感があるでしょ。」と、コメントしています。

 

 

イチローのこの意見、僕はよくわかります。そして、この新ルールは個人的に絶対嫌ですね。

 

日本のプロ野球はメジャーリーグでの新ルール(コリジョンルールなど)を取り入れてきていますが、これだけは取り入れて欲しくないですね。

 

 

イチローの言う通り、その4球の間にはいろいろあります。

 

ピッチャーがちゃんとセットに入ってるだろうかとか、キャッチャーは立って外すのか、座って外しているのかとか。

 

また、敬遠されている間にネクストの選手がどんな表情しているだとか。テレビではよく撮していますよね。

 

 

敬遠中のドラマも今までにありました。

 

阪神ー巨人戦で新庄剛志が敬遠のボールを打ってサヨナラヒットにしました。

そういうこともあるわけです。

 

 

また、数年前の横浜ーオリックスでも、横浜の三嶋が敬遠のボールをワイルドピッチで三塁ランナーが生還したこともありました。

 

 

もし、投げずに敬遠が適用されれば、それらのドラマは無くなりますし、何よりも球場で観戦している人がわかりにくいと思いますね。

 

 

また、このルールは試合時間の短縮を目的として作られたみたいですが、敬遠の4球なんて1分程度ですし、1試合で何回もあるわけではないですから、あまり変わらない気がします。

 

 

それだけのために、野球の見どころが少なくなってしまうのであれば、日本では絶対適用しないでほしいと思います。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“投げずに敬遠 イチローおもしろくない” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。