マレーロ落球のタイムリーエラー


8月29日 ZOZOマリンスタジアム

ロッテーオリックス 20回戦

 

山田が久しぶりに先発した試合でしたが、守備で足を引っ張る形になってしまいました。

 

それにしても唐川に勝てませんね。

スポンサーリンク

オリックス2-6ロッテ

 

先発ピッチャーは山田と唐川です。

 

山田は初回から捕まります。

 

1回裏

先頭の荻野貴司にヒット打たれると、清田は三振にとりますが、続く鈴木大地にもヒット。

 

さらに、ペーニャにフォアボールで1死満塁から

 

角中に先制の犠牲フライ打たれました。0-1

 

 

さらに続く中村のファーストフライをなんとマレーロが落球!0-2

 

風速11メートルでしたからね、今日は。でも捕って欲しかった。

 

 

しかし、4回表

1死から小谷野がヒットで出塁して、1死1塁から

 

T-岡田が同点の2ランホームラン!!2-2

 

151本目のホームランが出ました。

 

 

山田は途中立ち直りましたが、5回に再び捕まりました。

 

5回裏

この回先頭の鈴木大地にヒット打たれると、1死後、角中にもヒット打たれて1.3塁のピンチ。

 

さらに続く中村に粘られた末にフォアボールを与え、1死満塁から

 

猪本に勝ち越しの2点タイムリー打たれました。2-4

 

山田はここでノックアウト。4回3分の1を4失点(自責点3)という内容でした。

 

守備にも足を引っ張られましたからね。5回裏の中村にフォアボールを与えた時も、直前のファールフライを小谷野が落としていました。

 

勝って欲しかったですが、残念です。

 

 

後続のピンチは金田が抑え、6回は黒木が抑えますが、7回でした。

 

7回裏

この回はヘルメンが登板。

1死後、ペーニャをフォアボールで歩かせ、1死1塁から

 

角中に2ランホームラン打たれました。2-6

 

 

打線の方はロッテの継投の前に抑えられ、T-岡田の一発のみで完敗です。

 

 

山田の評価はどうでしょうか。

守備のミスがなければもうちょっと投げられたでしょうし、打線ももっと援護していれば違ったでしょうね。

 

西勇輝もいないし、もう1試合投げさせてもいいかもしれませんね。

 

 

さあ、明日は金子千尋です。

 

10勝目がかかっているので早く決めてもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“マレーロ落球のタイムリーエラー” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。