岡田貴弘(T-岡田)150本塁打


26日の西武戦の初回、多和田から今シーズン25号ホームランを放ち、通算150号本塁打を達成しました。

 

2006年、高卒で入団して12年目。初ホームランは2009年までありませんでしたが、そこから積み重ねて20代のうちに150本に到達。

 

今後、どこまで記録を伸ばすか楽しみです。

スポンサーリンク

 

岡田貴弘(T-岡田)の年間別ホームラン数は

2009年  7本

2010年  33本 ホームラン王

2011年  16本

2012年  10本

2013年  4本

2014年  24本

2015年  11本

2016年  20本

2017年  25本   8月26日現在

 

と、なっています。

 

2009年8月14日、一軍昇格したその日にソフトバンクのジャマーノからプロ初ホームランを打ちました。

 

その年は7本打ち、一気に大器の片鱗を見せましたね。

 

 

翌年からT-岡田に登録名変更し、33本のホームランを打って、王貞治氏と同じ最年少ホームラン王になりました。

 

この年は中日戦でサヨナラホームランも打っています。北川の満塁ホームランなどで7点差をひっくり返した試合です。

交流戦のMVPにもなりました。

 

 

また、33本目のホームランも印象的ですね。足を痛めている中で西武のグラマンから打った代打満塁ホームラン。

 

 

しかし、翌年からは飛ばないボールの影響もあり、ホームランが激減。

 

 

それでも2014年から再び活躍。

150本の中には入っていませんが、クライマックスシリーズの逆転3ランは感動でした。

 

 

そして、2015年にヤクルトの石川から100号本塁打。

 

2017年に150本塁打を達成しました。

 

 

今年は自身2度目の30本塁打やキャリアハイの34本以上も期待できます。

 

打点が少ないのは気になりますが、やっぱりホームランは魅力ですね。

 

 

1年で20本以上打ち続けていけば、300本塁打は行けると思うので、是非目指してほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。