9/17 ディクソン 10勝目ならず


ソフトバンクーオリックス23回戦  福岡ドーム

 

日本ハムにいい形で連勝して、福岡ドームに乗り込んだオリックスですが、今日は反撃及ばず。ディクソンの10勝目もまたもおあずけとなりました。

 

オリックス3-6ソフトバンク

先発ピッチャーはディクソンと和田毅

 

先制したのはソフトバンク、1回裏。先頭の福田がヒット、本多送りバントで1死2塁から、中村晃にタイムリー打たれ先制。0-1

さらに、2死3塁から、松田にもタイムリー打たれ、いきなり2失点。0-2

 

さらに3回裏。安達のエラーで出したランナーを2塁において、内川にタイムリーで追加点。0-3

 

序盤は完全にソフトバンクペースでした。

 

スポンサーリンク

 

しかし、5回表。先頭の大城がヒットで出塁。前回、和田毅を攻略した時も大城のヒットからでした。

続く若月送りバント、糸井内野安打で1死1.3塁から、安達のタイムリーで1点返します。1-3

さらに、2死後、T-岡田のタイムリー内野安打で1点差。2-3

 

しかし、6回裏。松田にホームラン打たれてしまいました。2-4

熱男ーー!!くらってしまいました。

 

さらに、明石フォアボール、江川にヒット打たれたところでディクソンは降板。今日も10勝とはなりませんでした。

 

こよディクソンが招いたピンチは2番手佐藤達也が抑えてくれましたが、8回裏でした。

この回から登板の吉田一将が、先頭の内川にホームラン。2-5

さらに、松田デッドボール、明石フォアボールなどで1.3塁のピンチから、高谷にセーフティースクイズ決められ、だめ押し。2-6

 

このまま終わりたくないオリックスは9回表、糸井が意地のホームラン。3-6

ここ2試合で4発。打率もどんどん上がってきましたね。盗塁も今日はありました。

 

しかし反撃及ばず敗戦。ディクソンは10勝目どころか、10敗目となってしまいました。対ソフトバンクも10勝13敗となり、負け越しが決まってしまいました。

 

ディクソンなかなか10勝いけないですね。今月序盤の初回6失点した試合以外はゲームは作ってると思います。なんとか打線が援護して早くあと一つ勝たせてやりたい。

今シーズンも後2試合登板があるかなといった感じでしょうか?次回の登板になるであろう、来週の千葉マリンのロッテ戦は苦手ですけど、なんとかそこで決めてほしいですね。

 

あと、糸井の盗塁王も確実かと思われましたが、金子侑司が迫ってきましたね。金子侑司も50盗塁いきました。次の西武戦はその辺の戦いも注目ですね。

ただ、試合数はオリックスの方が2試合多いですから、そこは有利です。

 

さあ、明日は山田ですね。赤間かなと思いましたが、山田が久しぶりの先発です。相手はバンデンハークですね。大変な相手ですが、打線の奮起に期待します。

 

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「9/17 ディクソン 10勝目ならず」への2件のフィードバック

  1. 盗塁王争いも楽しみですが
    やはり捕逸が0更新であること、これが
    素晴らしい…

    是非、達成を

    1. オタクジラさん

      おっしゃる通り、パスボールがないんですよね。是非、記録達成してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。