近藤大亮 プロ初勝利


8月10日 京セラドーム大阪

オリックスー西武 17回戦

 

近藤大亮、複雑なプロ初勝利ですね。5カード連続勝ち越し中の西武を止めました。

 

平野佳寿の復活のセーブもありましたし、吉田正尚はさすがですね。

スポンサーリンク

オリックス4-2西武

 

先発ピッチャーは松葉と菊池雄星です。

 

いきなり1回裏

マレーロが先制のホームラン。1-0

 

第9号です。踏み忘れを入れたら、10本スタンドに放り込んだことになりますね。

 

 

しかし直後の2回表

この回先頭の中村にヒット打たれると、続く山川にフォアボールで無死1.2塁から

 

栗山にタイムリー打たれて追いつかれました。1-1

 

しかし、後続のピンチは抑えました。

 

 

すると3回裏

この回先頭の安達が勝ち越しのホームラン!2-1

 

安達のホームランは、あの大逆転した巨人戦以来です。

 

 

松葉は6回を投げて1失点でした。

 

結果は良かったですが、内容はフォアボールが多かったですね。

 

でも、よく粘ったと思います。

 

 

7回は黒木が登板。3人でしっかり抑えました。

 

8回は近藤が登板。

 

簡単に2死とりましたが、浅村に同点ホームラン打たれました。2-2

 

松葉の勝ちが消えました。

 

 

しかし、8回裏でした。

 

この回先頭の大城がフォアボールで出塁すると、続く安達が送りバントのあと、伊藤光もフォアボールで繋ぎます。

 

T-岡田は三振に倒れますが

 

2死1.2塁から

吉田正尚がレフトオーバーの勝ち越しの2点タイムリーツーベースヒット!!4-2

 

この場面でしっかり結果出せるのはさすがです。

 

菊池雄星がっくりでした!

 

 

そして9回は今日一軍復帰した平野佳寿が登板。

 

1人ランナーを出しましたが、無失点に抑えてオリックス勝利です。

 

 

近藤大亮は複雑なプロ初勝利となりました。

 

松葉の勝ちが消えたのは残念ですが、平野は復帰してすぐに結果出してくれましたし、打線も3安打でよく4点取りました。

 

 

明日からは楽天戦ですね。

 

吉田正尚のアメイジングTシャツも明日から発売です。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「近藤大亮 プロ初勝利」への2件のフィードバック

  1. 踏み忘れはもう忘れてあげてぇーw
    ま、その分力がこれから外国人は
    生き残りにかけるところあるから期待したいのです

    とは言え、横浜の方はここからアピール出来るとは
    外国人では見えない悲しさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。