9/15 糸井嘉男 3本のホームラン


日本ハムーオリックス 24回戦

 

今日は糸井嘉男とエース金子千尋が大活躍。投げる人が投げ、打つべき人が打ち、投打の主軸が大活躍でした。

 

オリックス5-1日本ハム

先発ピッチャーは金子千尋とメンドーサ

 

先制したのはオリックス、1回表。先頭の糸井嘉男が初球を先頭打者ホームラン。1-0

プレイボール直後のボールをいきなり叩き込みました。メンドーサからの先頭打者ホームランというと、2014年クライマックスの駿太のホームラン思い出しますね。

さらに、吉田正尚ツーベースで2死2塁から、中島にタイムリーツーベース。2-0

 

さらに、2回表。1死後、伊藤光がヒットで1死1塁から、糸井が2打席連続の2ランホームラン。4-0

追い込まれていましたが、それでもスタンドに持っていくのはさすがですね。

 

オリックスの先発、金子千尋は素晴らしいピッチングで、6回までノーヒットピッチング。中5日で、あまり得意でない日本ハム相手に素晴らしかったです。

 

スポンサーリンク

 

すると、7回表でした。

今日の糸井はこれで終わりません。先頭バッターでまわってきたこの打席でも、今日3本目のホームラン。5-0

今度はレフトスタンドへ!吉田正尚が2本打つなら、俺は3本だと言わんばかりのホームラン。自身初だそうですね。

試合展開的にもいいホームランになりました。

 

金子千尋は完封ペースで来ていましたが、球数が多く、8回裏に捕まってしまいました。

1死後、陽岱鋼ツーベース、中島卓也ヒットなとで2死1.3塁から、西川遥輝にタイムリー打たれ失点。5-1

 

ここで金子千尋は降板。どうやら、ふくらはぎを痛めたとの事です。とりあえず、肘とか肩じゃなくてよかったです。

 

続くピンチは吉田一将が抑えてくれました。

 

最終回はセーブがつかない場面ですが、平野佳寿が登板。3人でしっかり抑えてオリックス勝利です。

 

札幌ドームで2勝1敗と勝ち越すことができました。札幌ドームで勝ち越したのも久しぶりじゃないでしょうかね。

優勝争いしてる2チームにいい戦いができていますね。これが4月からできれば。

 

今日は金子千尋に久しぶりに勝ちがついたし、糸井嘉男が3本のホームランと見応えある試合でした。

糸井はFA権で今話題になっていますけど、こんな活躍見せられたら、絶対残留してほしいですね。

 

さあ、明日は移動日で明後日からは福岡ドームでのソフトバンク戦です。

後半戦はソフトバンク相手に相性がいいので、最後の1カードもそれを続けてほしいと思います。

 

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「9/15 糸井嘉男 3本のホームラン」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。