糸井嘉男 阪神へ移籍


オリックスからFA宣言している糸井嘉男が阪神への移籍が正式に決まりました。

 

両球団に正式に伝え、ついに糸井嘉男がオリックスを去ることが決まってしまいました。

 

ファンとしては本当に残念でなりません。阪神に移籍濃厚と言われていたので、ある程度の覚悟はできていましたが、やっぱり決まると寂しいものですね。

 

オリックスも残留に全力を注いだと思います。大型契約も用意していましたし、これでダメだったのなら、仕方ないと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

オリックス入団の軌跡

糸井は2013年の1月にトレードでオリックスに来ました。

 

オリックスから大引と木佐貫と赤田、日本ハムからは糸井と八木という2対3のビッグトレードでした。

 

糸井は当時から日本ハムのバリバリの主力選手。ですが、契約更改で思っていたほど上げてもらえず、保留していた状態でした。

 

そこにオリックスからトレード話をもちかけ、決まったわけなんですが、僕はこのトレードは大反対でした。

 

僕だけでなく、オリックスファンも日本ハムファンも「このトレードはありえない!」となっていたはずです。

 

だって、大引は、その数ヶ月前に選手会長に就任したばかりでしたからね。

 

どうしてオリックスが大引を出したかというと、日本ハム側が、このトレードを成立させるのは大引が入っていることが条件。と言ったからなんですよ。

 

普通ならそこでトレードの話は終わりです。

なのに、成立してしまった。ありえないトレードだったのです。

 

 

そういういきさつでオリックスに来た糸井ですが、2月のキャンプには居てません。

 

その年はWBCがあったからです。

 

その影響でチームに合流したのはオープン戦の最後の方。

 

まだまだ馴染めていないだろうオリックスの一員として2013年から本当に活躍してくれました。

 

2014年、糸井嘉男は打ちまくり、自身初の首位打者に輝き、チームを2位に導いてくれました。

 

2015年こそ不振だったけれど、それで終わらないのが糸井。

 

2016年は再び3割を超え、53盗塁で盗塁王にも輝きました。

 

 

日本ハム時代よりもオリックスに来てからの方が2つのタイトルも取ったし、活躍してくれました。

 

 

今回、阪神への移籍が決まって、本当に残念でなりません。

 

奇跡のオリックス残留を最後まで期待していましたが、叶わぬ夢と終わってしまいました。

 

この登場曲が聞けないのは残念です。

♫明日からハレルーヤ〜(せーの)糸井ならヤレルーヤ〜

 

 

阪神に行っても、オリックス戦以外で頑張ってほしいと思います。

 

でも、本音を言うと、オリックスに残っとけば良かったと後悔させてやりたい。

 

来年の阪神戦が楽しみになってきました。

 

23日のファン感には来るのかな?

最後にオリックスファンの前で何か一言いってもらいたいですね。

 

糸井にブーイングは誰もしないと思うので、最後にもう一度ファン感でオリックスのユニフォーム姿見たいと思います。

 

 

4年間ありがとう!!

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。今日だけはhappy goodとは言えないな。。。

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「糸井嘉男 阪神へ移籍」への2件のフィードバック

  1. そうなのよねぇ…去る人には
    そう言ってしまう(今日のこちら山口から

    移籍したの後悔するぐらい前身チームがやり返せば良いって言うお話

    さて、まってろよ…ってやつですわ

    1. オタクジラさん

      山口はまだ決まりませんね。巨人か中日って言ってますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。