稲葉篤紀 日本代表監督就任


スポンサーリンク

今年のWBCはベスト4に終わり、退任した小久保監督の監督の後任に、ヤクルト、日本ハムで活躍した稲葉篤紀氏が就任することが決まりました。

 

日本代表が次に目指すのは、2020年の東京オリンピックです。

 

任期は2020年の東京オリンピックまで。次のWBCの日本代表監督は、2020年までの実績をみて判断するとのことです。

 

稲葉はご存知、日本代表での実績も抜群です。

 

2008年の北京オリンピックにも出場し、2009、2013年のWBCにも出場しています。

 

引退後、プロ野球での監督、コーチ経験はありませんが、今年のWBCでは、小久保監督の下で打撃コーチを務めていました。

 

 

学生時代にも法政大学時代はキャプテンを務めていた経験があるので、キャプテンシーや後輩からの人望は申し分ないと思います。

 

 

人選はいい選択だと思うのですが、監督経験のない若い人に任せて大丈夫でしょうか?

 

小久保も国際大会経験豊富で、後輩からの人望も熱い方でしたが、指導者としての経験はなく、WBCやプレミア12では世界一を逃しています。

 

日本のプロ野球で監督経験のある方に任せる手もあると思いますが、ここはまたフレッシュな人選で行きましたね。

 

どんな采配をするかというより、どんな人選をするかが楽しみです。

 

まずは2020年の東京オリンピックで、日本がまだ取ったことがない金メダルを目指して頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。