トラックマン


今年のオールスターでよく耳にしたトラックマンというもの。

 

もともと弾道ミサイル迎撃用の『パトリオットミサイル』開発で生まれたシステムを応用した装置です。

 

野球以外にも、ゴルフやテニスで使用されるものですが、野球では、投球や打球の球速だけでなく、回転数や距離、角度など精度の高い数値が得られます。

スポンサーリンク

 

具体的に野手では『打球速度』、『打球角度』、『飛距離』を。

投手では『初速』、『回転数』、『SPV』が計測されます。

 

SPVとは球速あたりの回転数を表し、主にその球種のノビやキレがわかります。

 

楽天の則本昂大がこのトラックマンのデータをフル活用しており、回転数が2400回/分があれば、ノビの良いストレートだそうですよ。

 

当然フォークだと回転数が低い方がいいです。

 

そのデータを基に、自身の調子を見極めているのだとか。

 

 

野手では打球の角度が20度〜30度ぐらいだとホームラン性の角度で、初速が160キロだとメジャーリーガーのホームランの打球の平均速度だそうです。

 

実際、第1戦の菊池雄星から打った筒香嘉智のホームランは、初速166キロで打球の角度は20度ぐらいでした。

 

 

このトラックマンはこのオールスターから始まったわけではなく、以前からデータ収集で用いられており、オリックスも去年から採用しています。

 

 

打球の速度がわかるので、オリックスではT-岡田、中島、若月の順に速いそうですね。

 

若月が3位は驚きました。

 

 

このトラックマンは全球団が採用しているわけではなく、オリックスも去年からということで、これからどんどん活用していくことになるかもしれません。

 

具体的に、ピッチャーの投手継投に役立てそうな気もします。

 

 

データが全てではないでしょうけど、今後に注目です。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。