大城滉二 プロ初ホームラン


7月17日 ロッテーオリックス 千葉マリンスタジアム

 

今日から後半戦が始まりました。

 

クライマックスシリーズ進出に向けて、勝って行きたいところでしたけど、1番嫌な形になってしまいました。

スポンサーリンク

オリックス2-3ロッテ

 

先発ピッチャーはディクソンとスタンリッジです。

 

いきなり1回裏

2死ランナー無しから角中にホームラン打たれました。0-1

 

 

打線の方は、オールスター前の日本ハム戦の打線爆発が嘘のように打てません。

 

しかし、5回表

この回先頭のマレーロがヒットで出塁すると、続くT-岡田もヒットでつなぎます。

 

そして、続く大城も、バントかと思いましたが、強攻策でヒットでつないで、無死満塁から

 

若月のダブルプレーの間に同点に追いつきました。1-1

 

一気に行きたかったですね。

 

その後、試合は膠着状態。

 

オリックスは、6回に1死満塁、7回に2死1.3塁のチャンスを迎えますが活かせません。

 

ディクソンは6回まで投げて、角中のホームランの1点だけ。

 

7回は近藤、8回は黒木が抑えて流れを作りました。

 

そして9回表

相手のストッパー内から、大城がレフトスタンドに値千金の勝ち越しのプロ初ホームラン!!2-1

 

大城やりました!!

 

プロ初ホームランですから、嬉しいでしょうね。

 

思い出に残るプロ初ホームランになるはずだったのに…

 

 

悪夢は9回裏でした。

この回からはもちろん平野佳寿が登板。

 

先頭の鈴木大地は空振り三振に仕留めワンアウト!

 

しかし、続くペーニャにはフェンス直撃のツーベースを打たれます。

 

それでも、続く中村を1球でライトフライに打ち取りツーアウト!!

 

しかし、続く福浦には内野安打を打たれ1.3塁。

 

さらに、続く大嶺翔太にはフォアボールを与え満塁のピンチ。

 

そして、加藤翔平に、前に来ていた外野の頭を越されて、痛恨のサヨナラ負けを喫しました。2-3

 

 

 

痛すぎですね。

 

こういう試合を落としていては、勝率5割に届かないし、3位にもいけないですよ。

 

平野佳寿はリリーフ失敗が目立ちます。

 

真剣にちょっと考えた方がいいかもしれませんね。

 

 

せっかく大城がプロ初ホームラン打ったのに。

 

 

西武が負けたことがせめてもの救いでしょうか。

 

いや、西武が負けた時こそ、勝ってゲーム差を縮めないといけなかったですよ。

 

 

平野佳寿の失敗が今日はクローズアップされますけど、打線がもっとチャンスで点を取っていれば、一方的な試合にできたかもしれないです。

 

 

明日は、これまた今年打ってない唐川ですけれど、オールスター前の日本ハム戦のような打線のつながりを期待したいですね。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。