連続打席無安打記録


9日のオリックスーロッテ戦で、ロッテの岡田幸文が8回に代打で登場。

 

なんとスコアボードに映し出された打率は.000でした。

 

そうです。実は岡田幸文はまだ開幕からヒットが出ていないんです。

 

その打席もセカンドゴロに倒れて、なんとこれで開幕から40打席ノーヒット

 

 

野手の開幕からの連続打席無安打記録は、1969年に西鉄の浜村選手が記録した41打席となっています。

 

したがって、岡田幸文はこの不名誉な記録まであと1打席と迫っているんです。

 

スポンサーリンク

ちなみに、『開幕から』というのを除いた連続打席無安打記録は、1993年にオリックスのトーベが記録した53打席です。

 

 

ロッテでは1999年のボーリックの52打席が最長となっています。

 

 

ちなみに、セ・リーグではピッチャーも打席に立ちますので、ピッチャーの打席を入れると、日本記録はトーベではなく、ピッチャーになります。

 

 

プロ野球ワースト記録は

1965年に東映の嵯峨健四郎投手が記録した90打席となっています。

 

 

 

不名誉な記録ではありますが、ロッテの岡田幸文がどこまで記録が伸びるか注目です。

 

 

 

更新です。

2018年7月6日、この試合2打数ノーヒットで、2016年から続く無安打記録が53打席に並びました。

 

前述したトーベの53打席連続無安打に並びました。

 

 

そして、2018年7月10日。

 

回って来た1打席でセカンドゴロに倒れ、54打席連続無安打の日本記録を更新しました。

 

 

そのロッテ岡田幸文も2018年シーズンで引退。

 

その引退試合の3打席目でヒットを打ちましたが、2打席ノーヒットで連続打席無安打記録は59打席に延びました。

 

不名誉な記録ではありますが、日本記録更新です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“連続打席無安打記録” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。