ディクソンのしょうもないエラーから


負けに等しい引き分けでしたね。

 

今日は勝たないとダメですよ。ミスばっかりでもったいなかったです。

スポンサーリンク

オリックス4-4楽天

 

先発ピッチャーはディクソンと則本昂大です。

 

ここまで1勝7敗と完全にカモにされている楽天との対戦です。

 

先制したのはオリックスでした。

 

4回表

ヒットで出塁したロメロを1塁において

 

T-岡田が先制の2ランホームラン!!2-0

 

いい感じで先制できました。

 

 

ディクソンはよく粘っていましたが、落とし穴が待っていました。

 

6回裏

この回、1死からペゲーロにヒット打たれると、2死後、ウィーラーのピッチャーゴロをディクソンが1塁に悪送球。

 

そして、2死2.3塁から銀次に同点のタイムリー打たれました。2-2

 

さらに、ライトの武田が後逸。後逸がなければ、2塁ランナーのウィーラーは帰ってこれなかったので、1点で住んでいたんですけどね。

 

 

2つのしょうもないエラーで同点に追いつかれましたが、すぐに勝ち越します。

 

7回表

1死から大城がヒットで出塁すると、ワイルドピッチで2塁に進み、1死2塁から

 

武田が勝ち越しのタイムリー。3-2

 

さらに、若月送って2死2塁から

 

小島がセンターオーバーのタイムリースリーベース!4-2

 

2店取られたあと、すぐに取り返しました。

 

 

ディクソンは6回を2失点(自責点0)でマウンドを降りました。

 

7回は近藤、8回は黒木がしっかり抑え、いざ最終回へ。

 

9回裏

この回から登板の平野佳寿が、いきなりウィーラー、銀次に連続ヒット打たれます。

 

続く枡田慎太郎はキャッチャーフライ。続く岡島はショートゴロであと1人。

 

しかし、続く藤田を空振り三振に仕留めますが、振り逃げで生かしてしまいました。4-3

 

そして2死1.2塁から

 

松井稼頭央に痛恨の同点タイムリー。4-4

 

あと一歩で勝ちというところで逃してしまいました。

 

 

結局試合は引き分けです。

 

大山、佐藤達也、金田が頑張りました。

 

負けに等しい引き分けです。

 

とりあえず、1日休んで水曜日は絶対勝ってほしいです。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“ディクソンのしょうもないエラーから” への 2 件のフィードバック

  1. 則本の変換、すぐに出ないから嫌いw
    ってのは置いてどうしようもないという投手ではないと
    思うんだよな…オリ戦士の攻撃見ると

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。