逆転シーンは4者連続四球


ヤクルトに3タテすることができました。

 

今日もなかなか打てませんでしたが、相手からもらったチャンスで逆転することができました。

スポンサーリンク

オリックス3-2ヤクルト

 

先発ピッチャーはディクソンと由規です。

 

ディクソンはいきなり失点しました。

 

1回表

バレンティンにホームラン打たれました。0-1

 

それでも今日は、すぐに追いつける気がしていました。

 

1回裏

好調の宮崎がヒットで出塁すると、西野が送って、2死2塁から

 

ロメロが同点のタイムリー打ってくれました。1-1

 

やっぱりロメロがいるといないとでは違いますね。

 

 

ディクソンは良い内容だったと思いますが、4回に捕まります。

 

4回表

1死からバレンティン、雄平に連打を浴びて、1.2塁のピンチを迎えると

 

大松にタイムリー打たれて勝ち越されました。1-2

 

でも、続くピンチを抑えたのが大きかったですね。

 

そして6回裏でした。

1死後、小谷野がヒットで出塁すると、ロメロは倒れて2死1塁

 

ここからフォアボールのオンパレード。

 

T-岡田がフォアボールで1.2塁。

 

続く中島もフォアボールで満塁。

 

そして、続く駿太が同点となる押し出しのフォアボールを選びました。2-2

 

さらに代わった平井から、安達も押し出しのフォアボールを選び逆転しました。3-2

 

この回、2死1塁から4者連続フォアボールで逆転しました。

 

 

ディクソンは7回を投げて2失点のナイスピッチング。

 

8回は近藤がマウンドに上がりました。

 

いきなりフォアボールを与えますが、T-岡田のファインプレーもあり、無失点に抑えました。

 

おかげで黒木を休ませることができましたね。

 

最終回はもちろん平野佳寿。

 

今日はしっかり3人で抑えてくれました。

 

ヤクルトに2年連続の3タテです。

 

交流戦、本当にいいスタートが切れました。

 

明日からは東京ドームで巨人戦ですね。

 

久しぶりに西勇輝が先発です。

 

巨人には2年連続で3タテされているので、今年は違うところを見せつけましょう。

 

指名打者が使えないので、ロメロをどう使うかが鍵ですね。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。