黒木優太打席に立つ 謎の福良采配

IMG_1108

昨日の試合で中日に逆転勝ちし、勝率を5割に戻したオリックスですが、非常に珍しいシーンがありました。

 

7回裏、勝利の方程式通り黒木優太が登板しました。

1イニングを無失点に抑えて8回表のオリックスの攻撃の時。

 

1死1塁で黒木に打席が回ってきたのですが、なんと代打を出さずにそのまま黒木優太は打席に立ちました

 

本当に謎の福良采配でしたね。

 

結果は3球三振。

しかも8回裏は黒木続投ではなく、山本由伸にリリーフしています。

スポンサーリンク

 

一般的にあの場面で代打を出さないのは8回裏も続投するケースのみ。

交代するのであれば、普通は代打です。

 

ただ、オリックスは6回表の攻撃の時、西野や小田を早々と起用していましたし、早くから宮崎を下げて西村を起用していました。

 

野手を使いたくなかったから、延長のケースも考えて黒木をそのまま打席に立たせた。

これならまだわかります。

 

 

ただ、もっと疑問だったのが、1死1塁にも関わらず、なぜバントじゃないのか?

 

どう考えてもバントですよね。バントさせない意味がわかりません。

 

唯一考えられるとしたら、黒木はバント練習していないから、バントしてゲッツーになるくらいなら、三振で2死1塁でランナーが残る方がいいと判断した。

これなら、まだわからなくもありません。

 

 

さらにもっと疑問だったのが

黒木も黒木でバントのサインが出ていないなら、ボールを見ればいい。

 

試合見てると、わざと空振りしてるようにも見えました。

結果は3球中2球がボール。

 

 

試合展開には大きな支障がなかったから良かったもののこんな珍しいケースは初めて見ました。

 

普段はリリーバーとして活躍する黒木ですが、とんだプロ初打席でした!

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。