がんばれ!ここ正念場


オリックス今日も負けました。

 

4試合ぶりにタイムリーが出ましたが、それでも2点しか取れず。

 

これで4連敗となってしまいました。

スポンサーリンク

オリックス2-5日本ハム

 

先発ピッチャーはコークと有原です。

 

コークは先週、岸田の後の2番手で好投しました。

 

対する有原はまだ1勝もしていません。

 

先制したのはオリックスでした。

 

1回裏

2死ランナー無しから小谷野、T-岡田の連続ヒットで1.2塁から

 

中島のタイムリーで先制しました。1-0

 

これが4試合ぶりのタイムリー。

 

しかし、コークは3回表に捕まってしまいました。

 

3回表

1死から西川にデッドボールを与えると、続く松本にヒットを打たれ、1.2塁から

 

矢野謙次に逆転の2点タイムリーツーベース打たれました。1-2

 

 

でも絶対負けられないオリックスは直後の3回裏

 

この回先頭の武田がヒットで出塁すると、西野が送って1死2塁から

 

小谷野が同点のタイムリーヒット打ってくれました。2-2

 

こういう形が理想ですよね。これまでは1.2番の出塁率が悪いから、小谷野がチャンスメイクになっていました。

 

できたら、小谷野やT-岡田の前にランナーをためておくのが理想ですね。

 

 

コークは味方が勝ち越すまで踏ん張って欲しかったですが、5回表

 

この回先頭の石井にヒットを打たれると、2死までこぎつけますが、矢野謙次にフォアボールを与え、2死1.2塁でバッターは中田翔。

 

その中田翔にタイムリー打たれました。2-3

 

やっぱり中田翔が戻ってきて日本ハムは変わりましたね。

 

 

コークは5回で降板。

 

6.7回は山崎福也が投げました。ランナーを出しながらも無失点に抑えました。

 

8回は1点ビハインドですが、吉田一将が登板。

 

しかし、市川にツーベース打たれ、1死2塁から

 

石井に痛恨のタイムリースリーベースヒット打たれました。2-4

 

さらに、松本の打席で、ワイルドピッチでもう1点。2-5

 

吉田一将も、ここにきて失点を繰り返します。

 

 

9回は間隔の空いた黒木が調整登板。

 

明日につながるピッチングだったかなと思います。

 

しかし今日も打線が振るわず4連敗です。

 

ここ正念場ですね。

 

明日は何が何でも勝たなくてはいけません。

 

ルーキー山岡の4度目の正直です。

 

特に1.2番が頑張ってほしい。せっかく小谷野やT-岡田が当たってるんだから、ランナーを置いて回してほしいですね。

 

せっかくの阪急復刻を全敗で終わるわけには行かないので、意地を見せてほしいですね。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。