山岡 故郷で凱旋登板


今日はマツダスタジアムでカープとのオープン戦です。

 

先発ピッチャーは地元広島出身の山岡泰輔です。

 

山岡の素晴らしいピッチングで、勝利目前でしたが、終盤に追いつかれ引き分けでした。

スポンサーリンク

オリックス3-3広島

 

先発の山岡が本当に素晴らしいピッチングでした。

 

菊池や鈴木誠也がいないとはいえ、去年のセ・リーグ覇者に対して好投しました。

 

5回までノーヒットノーランに抑える素晴らしいピッチングでした。

 

その山岡の好投に打線が応えます。

 

3回表

この回先頭の鈴木がヒットで出塁すると、続く吉田正尚がフォアボールで繋ぎ、西野のバントで1死2.3塁から

 

小谷野がセンターへ2点タイムリースリーベースヒット!!2-0

 

しかし、なお1死1.3塁のチャンスがありましたが、追加点とはなりませんでした。

 

それでも、相手ピッチャーが中田に代わった6回表。

 

この回先頭のロメロがレフトスタンドへホームラン!!3-0

 

山岡に大きな援護点です。

 

山岡は6回裏に先頭の石原にヒットを打たれ、ノーヒットノーランとはなりませんでしたが、6回、7回と投げて無失点です。

 

しかし、8回裏に捕まりました。

 

1死後、庄司のツーベースでピンチ迎えると、代打小窪にタイムリー打たれたところで降板。3-1

 

勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りますが、2番手のヘルメンが誤算でした。

 

船越にフォアボールを与え、2死1.2塁から堂林にタイムリー打たれ1点差。3-2

 

さらに続くバティスタにもタイムリー打たれ同点に追いつかれてしまいました。3-3

 

山岡の勝ちが消えました。

 

公式戦ではこの場面では佐藤達也か吉田一将が出てくるんですかね?

 

なかなか8回を投げるピッチャーが決まらない感じですね。

 

9回は吉田一将が抑えて引き分けてした。

 

去年のマツダスタジアムでの試合と同じような試合でしたね。

 

今年も広島とはマツダスタジアムで対戦するから、嫌なイメージを払拭したかったですが、同じような結果になってしまいました。

 

でも、山岡は本当に良かったですね。

 

地元広島での登板ということで、気合いも入っていたでしょうし。

 

この内容なら開幕ローテーション入ったんじゃないですかね。

 

近藤が怪我で離脱したので、山岡はもしかしたら開幕2戦目の登板あるかもしれませんね。

 

金子千尋、西勇輝、ディクソン、コークが確定しているので、あと2枚ですが、開幕2カード目の西武戦が2試合なので、実質1枚ですからね。

 

今後のチーム内の争いも楽しみですね。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「山岡 故郷で凱旋登板」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。