オリックスからFA流出に伴う歴代の人的金銭補償一覧


オリックスが獲得したFA選手の人的金銭補償一覧(記事最後にリンクを用意)に続いて、今度はオリックスからFA移籍した選手の人的金銭補償一覧をまとめました。

 

合併前は中嶋聡、田口壮、加藤伸一などがいますが、今回は2005年オリックスバファロースからにしています。

スポンサーリンク

2012年オフ寺原隼人ソフトバンクに移籍→馬原孝浩獲得

2005年のオリックスバファロース誕生から、初めて移籍した選手が出たのが7年後の2012年オフ。

 

寺原隼人がソフトバンクに移籍しました。

 

そして、その人的補償で獲得できたのが馬原孝浩でした。

 

過去の実績にしても、その後の活躍にしてもオリックスの得となったFA移籍でした。

 

2012年オフ日高剛阪神に移籍→Cランク補償なし

同じく2012年オフには日高剛が阪神に移籍しました。

 

生え抜きブルーウェーブ選手だった日高剛。

 

岡田監督時代にリードの事をとやかく言われ、その岡田監督は2012年限りで退団でしたが、それでも移籍しました。

 

2016年オフ糸井嘉男阪神に移籍→金田和之獲得

2016年オフには糸井嘉男が阪神に移籍しました。

 

日本ハムからオリックスにトレードで来て4年。

当時の阪神・金本監督の熱意に持って行かれてしまいました。

 

人的補償で金田和之を獲得。

 

しかし、金田はあまり戦力になれず。

 

2021年に戦力外通告を受けて退団しています。

 

2018年オフ西勇輝阪神に移籍→竹安大知獲得

2018年オフには西勇輝が阪神に移籍しました。

 

高卒でオリックスに入って、エース級に成長した思い入れのある選手なだけにショックでしたね。

 

2019年の交流戦で対戦した時、黒星付けられた時は気持ち良かった。

 

この時は、人的補償で竹安大知を獲得しています。

 

竹安は大当たりでしたね。

ローテの谷間やロングリリーフで活躍してくれています。

 

2022年オフ伏見寅威日本ハムに移籍→Cランク補償なし

2022年オフには伏見寅威が日本ハムに移籍しました。

 

リーグ2連覇、この年日本一の立役者なので痛い移籍でした。

 

この年、西武から森友哉を獲得。

 

森友哉獲得によって出番が減る事を懸念し、故郷北海道の日本ハムに移籍となりました。

 

Cランクなので補償はありません。

 

オリックスがFA獲得による人的金銭補償一覧

この記事とは逆。

オリックスがFAで獲得による歴代の人的金銭補償一覧です。

オリックス FA獲得による歴代の人的金銭補償一覧

 

 

随時更新していきます。

 

 

この度、ブログランキングに参戦しています。よかったら応援して頂けると嬉しいです。

ランキングの順位はこちらから見れます↓

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

 

 

Twitterやってます。フォローよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「オリックスからFA流出に伴う歴代の人的金銭補償一覧」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です