ジャレル・コットン オリックス新外国人


オリックスは新外国人投手として、ジャレル・コットン選手を獲得しました。

 

1年契約で、年俸は9000万。背番号は42番に決まりました。

 

ワゲスパックの残留と、シュウィンデルの獲得しか、外国人選手の報道は無かったのですが、フロントはしっかり動いてくれていました。

スポンサーリンク

ジャレル・コットン

1992年1月生まれ。

オリックスでいうと、杉本裕太郎、山田修義、近藤大亮と同い年になります。

 

右投げ右打ちの右ピッチャーです。

 

現役メジャーリーガー

コットンも2022年はメジャーでプレーしていた現役メジャーリーガーです。

 

2016年の昇格から、メジャー通算計17勝。

 

先発経験もありますが、ここ数年はリリーフで。

 

オリックスでも、リリーフピッチャーとして起用される予定です。

 

武器はチェンジアップ

ストレートは150kmに届くかどうかというレベルですが、最大の武器はチェンジアップ。

 

曲がりながら落ちる独特のチェンジアップだそうで、どちらかというと、サークルチェンジのような球種です。

 

NPBで活躍するチェンジアップを武器としているピッチャーは

日本でもチェンジアップを武器としているピッチャーはたくさん居て、どのタイプと似てるか考えてみましたが。

 

例えば、以前オリックスに居たヒギンスもそうですね。

コットンはヒギンスほど球は速くないですが。

 

他には楽天の宋家豪、ソフトバンクに移籍したロベルト・オスナがいます。

 

コットンのチェンジアップは、ヒギンスや宋家豪のチェンジアップと違って、サークルチェンジのような軌道との事なので。

タイプ的には楽天の安楽智大かなと。

 

150km前後のストレートと落差のあるサークルチェンジということで、安楽智大のようなピッチャーかと思います。

 

コットンといえばディクソン

コットンと聞いて、最初に思い浮かんだのがディクソンでした。(ディクソンのあだ名がコットン)

 

しかも同じ右ピッチャー。

 

ディクソンは2013年から2021年まで9年間活躍してくれました。

 

最後は残念な形で、退団となってしまいましたが。

 

コットンにもディクソンと同じ様に、息が長くて、ファンに愛される選手になってほしいですね。

 

 

 

この度、ブログランキングに参戦しています。よかったら応援して頂けると嬉しいです。

ランキングの順位はこちらから見れます↓

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

 

 

Twitterやってます。フォローよろしくお願いします。

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です