この新人投手が実戦登板を勝ち取りました


キャンプも第3クールを迎えました。

 

このクールで折り返しを迎えます。徐々に実戦形式の練習も入ってきました。

 

今日は、ドラフト8位の澤田圭佑がフリーバッティングに登板。

 

45球を投げ、安打性の当たりを7本に抑える好投をみせました。

 

そしてそのピッチングが評価されて、18日に行われる広島カープとの練習試合に登板する事が決まりました

 

澤田は「いいまっすぐと、悪いまっすぐとがあった。少しずつ修正していければ。広島は強いチームだと思いますが、結果ではなく、しっかりやるべきことをやりたいと」と、コメントしています。

 

ここで注目して頂きたいのが

澤田は現在、キャンプは二軍です。今日のフリー打撃の登板も二軍の選手相手に投げているわけです。

 

それなのに、18日の広島戦は一軍の試合なので、それに抜擢されるのは、よほどボールが良くて、一軍で試してみたくなったという事ですよね!

 

その広島カープとの練習試合には、ドラフト1位の山岡太輔、ドラフト2位の黒木優太、ドラフト5位の小林慶祐も登板します。

 

澤田はドラフト8位なので、順位は関係ないというところを見せなくてはいけませんね。

 

ご存知の通り、大阪桐蔭の藤浪晋太郎の同級生なので、投げ合いとかも見てみたいですし、しっかり一軍に定着できる選手になってほしいと思います。

 

18日はルーキー投手達の生き残りをかけた試合となりそうです。

スポンサーリンク

 

また、その練習試合で山岡太輔が新球を試すとの事。

 

ツーシームを習得中です。プロに入ってから、習得を目指しているツーシームを実戦登板で試してみたいとのことです。

 

山岡といえば、伝家の宝刀スライダーですね。そのスライダーを活かすためにも、スライダーと逆方向に曲がるツーシームはいい見せ球になります。

 

理想は黒田博樹が投げているフロントドアだそうですが、そこまでいかなくても、ツーシームがあると思わせるだけで、投球の幅は広がりそうです。

 

また、ドジャースの前田健太からは高速シンカーを教わっていました。

 

そんな簡単に、変化球2つも覚えるのは大変でしょうけど、スライダーを活かすためにも頑張ってほしいと思います。

 

山岡はどうしても、社会人最後の大会でノックアウトされたのが頭に残っているので、練習試合でいいからプロ相手に好投している姿を見たいですね。

 

 

ソフトバンクにデスパイネが入団したので、強いチームがさらに強くなっていきますが、ソフトバンクに勝たないと優勝はないので、新人投手達には期待したいと思います。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。