週ベの吉田正尚の記事


まだ見ぬ〝頂〟へ

スポンサーリンク

本日発売の週刊ベースボールに吉田正尚の特集があります。

 

僕は、毎週水曜日に欠かさず買っているのですが、早速読ませて頂きました。

 

まだプロで1年しかやっていないわけですが、間違いなくオリックスの顔となる選手。

 

記事を読んでて、面白かったし、来年以降に本当に期待が高くなりました。

 

改めて、吉田正尚の今年の一軍とウィンターリーグでの成績なのですが。

一軍

63試合 67安打 34打点 10本塁打 打率.290

ウィンターリーグ

18試合 30安打 57塁打 29打点 6本塁打 打率.556

と、なっています。

 

ウィンターリーグの成績は驚異的ですが、日本のプロ野球で残した成績も立派ですよね。

 

 

ところで、野球には打率や出塁率など、いろいろな成績があるのですが、その中でOPSというものがあります。

 

OPSとは、出塁率と長打率を足した率なのですが、日本ではあまり取り上げられませんが、メジャーリーグでは、高く評価されるそうです。

 

やっぱり、強打者は長打があるのは当然ですが、自然と四球も多くなりますよね。

 

なので、長打率と出塁率を足したOPSが評価される理由はわかります。

 

吉田正尚はその数字を1番意識してるようです。選球眼もいいイメージがありますね。よく四球も選んでいたように思います。

 

 

また、今年、ホームランは10本打ちましたが、その中で1番印象に残ってるホームランは?の質問に、9月8日大阪ドームでのソフトバンク戦で、和田毅から打ったホームランをあげていました。

 

僕もこのホームランが1番印象に残ってますし、1番すごいと思ってました。

 

左バッターが左ピッチャーからレフト方向にホームラン打つのは本当にすごいです。

 

しかも球界を代表する和田毅からですからね。

今年は札幌ドームでもレフト方向にホームラン打ちましたが、それよりもこのソフトバンク戦のホームランは本当に凄かった。

 

その試合のブログはこちらです。

9/8 オリックスーソフトバンク21回戦 吉田正尚 本拠地初ホームラン

 

ちなみに、今年、吉田正尚は一つ記録を作っています。タイ記録ですが。

 

それは新人選手の開幕から6試合連続ヒットです。

 

キャンプで怪我して出遅れたけど、オープン戦の最後に復帰。いきなり、藤川球児から特大のホームランを打ち、開幕スタメンの座を手にしました。

 

思えば、開幕戦は1番DHでしたね。

来年はがっつりクリーンアップで、守備にもついてほしいと思います。

 

吉田正尚の言う〝頂〟目指して来年も期待したいと思います。

 

12月28日発売の週刊ベースボールにこの吉田正尚の記事ありますので、是非読んでみてください。

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。happy good

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「週ベの吉田正尚の記事」への2件のフィードバック

  1. OPSとかもろもろちゃんと説明あるやつじゃないと
    分からないときあるんですよね…ま、大学の卒論では
    こっちの方が分かりやすいから良いんですけどw

    野球の研究やっていたのですよ、ボギは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。