富山凌雅 上々の一軍デビュー

IMG_1108

9月26日 札幌ドーム

日本ハムーオリックス 24回戦

 

杉浦に7回2死までパーフェクトとか本当に情けない。

 

吉田正尚も4打数1安打で打率を少し下げました。

全日程を終えた西武の森友哉とは5厘差。残り3試合で逆転なるか。

 

そんななか、今日はルーキーの富山凌雅一軍デビューしました。

 

ルーキーの中で一番最後の一軍デビューでしたが、2回をパーフェクトで上々でしたよ。

スポンサーリンク

 

オリックス1-4日本ハム

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.センター 宗佑磨

2.ショート 宜保翔

3.指名打者 吉田正尚

4.レフト ロメロ

5.サード 中川圭太

6.セカンド 西野真弘

7.ファースト マレーロ

8.ライト 西浦颯大

9.キャッチャー 飯田大祐

ピッチャー K-鈴木

 

 

K-鈴木は相変わらずいつものK-鈴木でした。

 

〈2回裏〉

この回先頭の大田にヒット打たれると、続く清宮もヒットで、無死1.3塁から

石井のダブルプレーの間に先制されました。0-1

 

 

さらに

〈4回裏〉

1死から大田にホームラン打たれました。0-2

 

さらに清宮にヒット打たれると、続く石井にもヒット。

 

さらに清水にもヒット打たれて、1死満塁から

今井にタイムリー打たれました。0-3

 

さらに続く白村は三振で、2死満塁から

西川に押し出しのフォアボール与えました。0-4

 

相手も順位が決まって主力が出てない打線なのに、これでは話になりませんよ。

 

 

K-鈴木以上に話にならないのが打線。

 

杉浦の前に6回終わってパーフェクト。

 

主力が何人か出てないとはいえ情けない。

 

今更マレーロと飯田を使う意味があるのか?

 

まさかまだマレーロに残留のチャンスを与えているのか?

 

飯田は未だにプロでヒット無し。

間違いなく、今年でクビになるから最後の思い出にプロ初ヒットのチャンスを与えてるとしか思えない。

 

杉浦のパーフェクトを止めたのはやはりこの人でしたね。

 

〈7回表〉

2死からようやく吉田正尚がチーム初ヒットとなるツーベースで出塁し、2死2塁から

ロメロの内野安打に相手のエラーも重なり1点返しました。1-4

 

反撃もここまで。

 

9月ビジター勝利無しまで後1試合。

 

日本ハムに何連敗や?

 

 

明日はソフトバンク戦を避けた山岡。

 

勝利投手になれば最優秀勝率です。

 

打線は本気で行くでしょう。

 

とりあえず明日は山岡に勝たせてあげたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。Be Agrresive

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“富山凌雅 上々の一軍デビュー” への 1 件のフィードバック

  1. ボギのプロスピで現在育てている師匠は富山君なのだよ…
    彼のスライダー盗ませてもらいますた…

    彼も後輩出来たらリアル、教えてあげてくださいまし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。