菅原秀、福田周平連続治療で試合中断

IMG_1108

7月15日 京セラドーム大阪

オリックスー楽天 16回戦

 

後半戦開幕戦負けました。長い試合でした。

 

長くなったのは、2回裏に若月の打球が直撃で一度ベンチに下がった菅原秀と、その直後にスリーベースから死球喰らった福田周平治療でベンチに下がりました。

なかなか連続でこういうことが起こるのは珍しい。

スポンサーリンク

 

オリックス2-6楽天

 

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.セカンド 福田周平

2.ショート 大城滉二

3.ライト 中川圭太

4.レフト 吉田正尚

5.ファースト モヤ

6.指名打者 マレーロ

7.センター 宗佑磨

8.サード 安達了一

9.キャッチャー 若月健矢

ピッチャー 田嶋大樹

 

 

田嶋が1.2回の大ピンチを防ぎ、流れは来ました。

 

〈2回裏〉

この回先頭の吉田正尚がヒットで出塁すると、続くモヤもヒット。

 

マレーロは倒れた後、宗佑磨にデッドボールで、1死満塁から

安達のゲッツー崩れの間に先制しました。1-0

 

さらに2死1.3塁から

若月がピッチャー強襲のタイムリー内野安打で追加点。2-0

 

この2点で一気に行けるというムードになりましたけどね。

 

 

今日は田嶋が悪すぎた。

 

〈3回表〉

1死から浅村にヒット打たれると、ブラッシュは打ち取りますが。

 

銀次にヒット打たれて、2死1.2塁から

ウィーラーにタイムリー打たれました。2-1

 

さらに2死1.2塁から

堀内に同点のタイムリー打たれました。2-2

 

ここは抑えてほしかった。

 

ブラッシュ打ち取って、2死1塁になった時点で無失点で切り抜けてほしかったですね。

 

 

さらに

〈4回表〉

この回先頭の茂木にツーベース打たれると、続く下水流は送りバントで、1死3塁から

島内に勝ち越しのタイムリー打たれました。2-3

 

このイニングでノックアウトとなりました。

 

プロに入って1番悪かったのではないでしょうか。

 

 

ずっと1点差で来ていましたが、ついに突き放されます。

 

〈8回表〉

1死から茂木にツーベース打たれると、続く下水流にフォアボールで、1死1.2塁から

島内に2点タイムリースリーベース打たれました。2-5

 

さらに浅村にフォアボールで、1死1.3塁から

ブラッシュに犠牲フライ打たれました。2-6

 

島内に打たれたところで勝負ありでした。

 

 

今日負けたのは痛いです。

 

絶対に勝たなくてはいけない試合でした。

 

田嶋もですが、打線がまだまだですね。

 

吉田正尚ともう一人爆発的に打つ人が出て来てくれないと。

 

去年も一昨年も、この後半戦早々に8連敗してますから、今年はそんなことがないようにお願いしますよ。

 

明日は中3日で山岡泰輔。

 

せめて17日でもよかったかなと。ほんとどうなるか。。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。Be Agrresive

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。