後藤駿太 チーム救うレーザービーム

IMG_1108

3月23日 京セラドーム大阪

阪神ーオリックス オープン戦

 

打つ方では西浦颯大、守る方では後藤駿太ですね。

 

特に後藤駿太のレーザービームは1点差でしたし、しびれました!

 

本当に後はバッティングだけなんですよ、この人は。

スポンサーリンク

 

オリックス4-2阪神

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.セカンド 福田周平

2.センター 西浦颯大

3.レフト メネセス

4.指名打者 吉田正尚

5.サード 頓宮裕真

6.ライト 杉本裕太郎

7.ファースト マレーロ

8.キャッチャー 若月健矢

9.ショート 安達了一

ピッチャー 東明大貴

 

 

いきなりリードオフマンがやってくれました。

 

〈1回表〉

先頭の福田がいきなりスリーベースで出塁し、無死3塁から

西浦の内野ゴロの間に先制しました。1-0

 

 

さらに

〈5回表〉

2死ランナー無しから若月が相手のエラーで出塁すると、続く安達はヒットでつなぎます。

 

さらに福田はフォアボールで2死満塁から

西浦の2点タイムリーで追加点。3-0

 

打つ方では西浦が大活躍です。最近、調子を落とし気味ですが、今年はレギュラーで使ってほしい選手ですね。

 

 

先発の東明大貴は5回まで無失点に抑えますが。

 

〈6回裏〉

この回先頭の代打・高山にヒット打たれると、続く木浪にもヒット。

 

近本は三振にとり、1死1.3塁から

糸井に2点タイムリーツーベース打たれました。3-2

 

 

東明は7回途中まで投げて2失点のナイスピッチングでした。

 

東明のあとは、澤田が抑えて、8回まで続投。

 

 

8回に駿太のビッグプレーがありました。

 

〈8回裏〉

この回先頭の木浪にヒット打たれると、続く近本には送りバント。

 

さらに代打・ナバーロがヒットでつないで1死1.3塁のピンチ。

 

ここで大山のライトフライで3塁ランナー木浪がタッチアップ。

 

そこをライト後藤駿太がレーザービームで刺しました!!

 

もしセーフなら同点で東明の勝ちが消えるところ。オープン戦ですが、素晴らしいプレーでした。

 

 

そして、ピンチの後にはチャンスありり

 

〈9回表〉

2死から大城がツーベースで出塁し、2死2塁から

福田のタイムリースリーベースで貴重な追加点。4-2

 

大きな1点でした。

 

1.2番が大活躍でしたね。

 

 

9回は岩本が締めて試合終了。2日連続で増井は投げませんでしたけど、何かあったわけではないですよね。

 

さあ、オープン戦も明日が最後!

 

しっかり勝って終わりましょう!

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。