松葉貴大 左足打球直撃で途中降板

IMG_1108

3月21日 ナゴヤドーム

中日ーオリックス オープン戦

 

本日の先発は本拠地開幕第3戦の先発が決まっている松葉貴大ですが、内容も悪かったし、打球直撃し途中降板しましたので、今後が心配です。

スポンサーリンク

 

オリックス4-7中日

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.センター 佐野皓大

2.セカンド 福田周平

3.指名打者 メネセス

4.レフト 吉田正尚

5.サード 頓宮裕真

6.ライト 杉本裕太郎

7.ファースト マレーロ

8.キャッチャー 伏見寅威

9.ショート 大城滉二

ピッチャー 松葉貴大

 

 

今日はいい形で先制しました。

 

〈2回表〉

この回先頭の頓宮がツーベースで出塁すると。

 

杉本は三振のあと、頓宮が盗塁決めて1死3塁から

マレーロのタイムリーで先制しました。1-0

 

さらに相手のワイルドピッチでマレーロは2塁に進塁。

 

伏見は倒れて、2死2塁から

大城のタイムリーで追加点。2-0

 

頓宮の三盗という珍しいシーンもありました。

 

 

しかし、松葉がピリッとしません。

 

〈2回裏〉

この回先頭のビシエドにホームラン打たれました。2-1

 

 

さらに

〈4回裏〉

1死から福田にヒット打たれると。

 

高橋周平は打ち取り、2死1塁から

堂上に逆転2ランホームラン打たれました。2-3

 

 

しかし、すぐさま逆転します。

 

〈5回表〉

1死から大城がヒットで出塁して、1死1塁から

佐野がセンターへ同点タイムリースリーベース!3-3

 

さらに1死3塁から

福田の内野ゴロの間に逆転しました。4-3

 

佐野がバッティングで結果出したのは嬉しいですね。

 

 

アクシデントが松葉を襲います。

 

〈5回裏〉

この回先頭の平田にフォアボールを与えると、遠藤送りバントのあと、アルモンテにもフォアボール。

 

1死1.2塁から

ビシエドのピッチャー返しの打球が松葉の左足を直撃!松葉はここで負傷降板となりました。

 

しかし、この後続のピンチを比嘉が福田を斎藤綱記が高橋周平を空振り三振に仕留め、好リリーフでした!

 

 

6回からは荒西祐大が登板。6回はしっかり抑えますが。。

 

〈7回裏〉

この回先頭の平田のショートゴロを大城がエラー。

 

さらに続く遠藤のバントが内野安打となり、無死1.2塁から

アルモンテに同点のタイムリー打たれました。4-4

 

さらにビシエドにはストレートのフォアボール。

 

福田は三振にとり、1死満塁から

高橋周平に勝ち越しのタイムリー打たれました。4-5

 

ここで荒西祐大はノックアウト!山崎福也がマウンドに上がります。

 

 

山崎福也は堂上は打ち取り、2死満塁から

阿部にタイムリー打たれました。佐野のファンブルもあって2点入りました。4-7

 

 

試合はこのまま試合終了。

 

守備の乱れが多すぎますね。エラーは1番多いんじゃないですか。

 

投手陣も今日は崩壊でした。

 

打線も逆転された後は淡白で、いつものオリックスを見ているようでした。

 

オープン戦も残り阪神との3試合。しっかり調整してほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。