伏見寅威 起死回生同点タイムリー


4月11日 京セラドーム大阪

オリックスー楽天 2回戦

 

久しぶりに盛り上がった試合でした。

しかし、連敗は止まっていません。勝たないとダメです。

 

それでも伏見寅威の起死回生タイムリーは本当によかったです!

スポンサーリンク

オリックス2-2楽天

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.セカンド 大城滉二

2.ショート 安達了一

3.レフト 吉田正尚

4.ライト ロメロ

5.サード 小谷野栄一

6.指名打者 マレーロ

7.ファースト T-岡田

8.キャッチャー 若月健矢

9.センター 宗佑磨

ピッチャー アルバース

 

左ピッチャー用に打順を変えてきましたね。

大城、安達の1.2番コンビです。

 

 

アルバースは今日は本調子じゃなかったですかね。

〈2回表〉

1死から今江、銀次に連続でヒット打たれます。

 

アマダー三振で2死1.2塁から

嶋に先制のタイムリーツーベース打たれました。0-1

 

 

さらに

〈4回表〉

この回先頭のウィーラーにヒット打たれると、続く今江にもヒットでつながれます。

 

銀次が送りバント失敗で1死1.2塁から

アマダーにタイムリー打たれました。0-2

 

アルバースはよく2点で止まったなという感じですね。

 

 

オリックスも反撃します。

〈4回裏〉

この回先頭の吉田正尚がヒットで出塁すると、続くロメロがツーベースで無死2.3塁から

小谷野の内野ゴロの間に1点返しました。1-2

 

しかし、ここは1点止まり。

初回の無死2塁で無得点。この回、無死2.3塁で1点ですか。。。

 

 

先発のアルバースは5回で降板。今日はよくヒット打たれました。

 

その後、オリックスは勝ちパターンの継投。

 

6回は吉田一将、7回は近藤、8回は黒木、9回は増井とつなぎました。

 

 

執念の継投にようやく打線が応えました!

〈9回裏〉

この回先頭のロメロがヒットで出塁すると、続く小谷野が送りバント。

 

マレーロ倒れて2死2塁から

代打・伏見がレフトオーバーの同点タイムリーヒット!!2-2

 

伏見がやってくれました。

重苦しいムードを一振りで払ってくれましたね!

 

松井裕樹から打ちました。

やっぱりバッティングがいいので、スタメンで見たい選手ですね。

 

 

 

試合は延長戦に入ります!

 

10回も増井、11回は比嘉、12回は澤田が抑えますが。

 

打線がサヨナラにすることはできず、引き分けでした。

 

土壇場で追いついて負けなかったのは良かったけど、早く連敗止めたいですね。

 

遠い3勝目。

明日はディクソンがやってくれると信じています!

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「伏見寅威 起死回生同点タイムリー」への2件のフィードバック

  1. 後ちょっとなんだよなぁ…
    一つのきっかけがあればオリって浮上しやすいってか
    上昇気流に行けると思いますわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です