福田周平プロ初出場初犠打

IMG_1108

4月8日 メットライフドーム

西武ーオリックス 3回戦

 

西武に3タテくらいました。

序盤はいい形でリードしていたのですが、これが力の差ですかね。

 

ルーキーの福田プロ初出場し、初犠打も決めましたが、勝利には結びつきませんでした。

 

オリックス4-7西武

 

まず、本日のスターティングメンバーです。

1.センター 宗佑磨

2.ショート 福田周平

3.レフト 吉田正尚

4.指名打者 マレーロ

5.ライト ロメロ

6サード 中島宏之

7.ファースト T-岡田

8.セカンド 大城滉二

9.キャッチャー 若月健矢

ピッチャー 山岡泰輔

 

スタメンを大きく変えてきました。

マレーロが4番でロメロが5番に下がりました。そして中島がスタメンです。

 

また、一軍初出場の福田が2番ショートで先発出場です。

スポンサーリンク

 

試合は久しぶりに先制します。

〈1回表〉

この回先頭の宗佑磨がストレートのフォアボールで出塁すると、続く福田がプロ初の送りバントを決め、1死2塁から

吉田正尚のタイムリーで先制しました。1-0

 

久しぶりの先制点ですね。

 

 

さらに

〈5回表〉

この回先頭のロメロがヒットで出塁。

中島、T-岡田は倒れますが、大城のヒットで2死1.3塁のチャンス。

 

ここで若月の打席で、1塁ランナーの大城が盗塁。

挟まれている間に3塁ランナーのロメロがホームイン!2-0

 

いい点の取り方をしましたね。

 

 

先発の山岡は4回までパーフェクトピッチング!しかし、5回でした。

 

〈5回裏〉

この回先頭の山川にツーベース打たれると、続く森友哉にもヒットで無死1.3塁から

中村剛也のゲッツーの間に1点返されました。1-2

 

ここはこれでよかったでしょう。

 

 

しかし、悪夢は7回に待ってました。

〈7回裏〉

この回先頭の山川にヒット打たれると、続く森友哉にツーベース。

 

さらに中村剛也にフォアボールで無死満塁から

外崎に逆転の2点タイムリー打たれました。2-3

 

さらに、炭谷の送りバントを守備固めで入った鈴木昂平がタイムリーエラー。2-4

 

山岡泰輔はここで降板。結果論ですが、6回で交代でも良かったかもしれません。

 

代わって、吉田一将が登板。

 

無死2.3塁から

代打・栗山に犠牲フライ打たれました。2-5

 

さらに1死3塁から

秋山にタイムリーヒット打たれました。2-6

 

さらに秋山盗塁で1死2塁から

源田にもタイムリー打たれました。2-7

 

吉田一将はここでノックアウト!

 

あっという間のビッグイニングでした。

もうちょっとなんとかならないですかね。

 

 

最終回に少し意地を見せました。

〈9回表〉

この回先頭のロメロが猛打賞となるヒットで出塁すると、続く代打小田はフォアボールでつなぎます。

 

その後、2死2.3塁となり

伏見のタイムリーで2点返しました。4-7

 

反撃もここまで。西武に3タテです。

 

シーズンは序盤ですが、早急に立て直してもらいたいですね。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“福田周平プロ初出場初犠打” への 2 件のフィードバック

  1. 意地だけでは勝てぬ…
    にしてもなぁ…代わる選手がある程度結果残してくれないと
    やりきれん…

    後手後手回らない事を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。