オープン戦順位2018年 オリックスの成績は

IMG_1108

2018年のオープン戦も終わり、開幕まで後、数日となりました。

 

我がオリックスはまずまずの成績といったところでしたね。

 

中止になった試合がいくつかあって残念でしたが、ルーキー達の活躍や宗佑磨の台頭など若手の活躍も目立ちました。

スポンサーリンク

 

12球団の順位はこのようになっています。

 

1.巨人   11勝5敗1分

2.ロッテ   8勝4敗2分

3.楽天   9勝5敗2分

4.横浜   8勝5敗2分

5.日本ハム   7勝5敗3分

5.オリックス   7勝5敗2分

7.西武   8勝6敗2分

8.ヤクルト  6勝6敗4分

9.中日   7勝9敗1分

10.ソフトバンク   5勝10敗1分

11.広島   3勝9敗2分

12.阪神   2勝12敗2分

 

と、なっています。

 

順位は5位ということでそこそこなんですが、上にパ・リーグのチームがたくさんあるのが気になるところです。

 

交流戦でいうと、差が縮まらないパターンですね。

 

 

ただ、成績が素晴らしかったのは投手部門です。

 

43失点は12球団で最少。防御率2.95も12球団トップです。

 

また去年と比べて大きく変わったのが盗塁です。

12球団最多の22盗塁決めています。

 

2017年シーズンは断トツで盗塁数は少なかったのですが、今年は違うというところを見せてくれています。

 

 

ただ、打撃成績は少し寂しくなっています。

 

打率,230は12球団中10位。54得点は12球団中9位となっています。

 

一番頑張ってほしいのがT-岡田ですね。

 

T-岡田が打てば、打率も得点力も上がってきますから。

 

志願の二軍戦出場とのことで、開幕まで後、数日で調子上げてほしいです。

 

 

今年は投手力中心のチームになりそうですが、夏場にはピッチャーは絶対疲れてくるので、打撃陣にも期待したいと思います。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“オープン戦順位2018年 オリックスの成績は” への 2 件のフィードバック

  1. どっちが良いんだろうね、攻撃のやり方
    オリらしくやっていければ見えてくるものがあるとは思うけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。