オリックス 京都で主催試合2018年 阪急復刻急遽決定

IMG_1108

オリックスが2018年シーズン、京都で主催試合を行うことになりました。

 

阪急復刻については最後に追記で記載しております!

 

日程は5月27日(日)のロッテ戦です。日程が発表された時、唯一、球場が決まっていない試合でしたね。

 

京都はおなじみの西京極のわかさスタジアムで行われます。

 

わかさスタジアムでの試合は2015年の7月に初めてオリックス主催試合で行われました。

 

相手は日本ハムで、先発が当時ルーキーの山崎福也で、京都出身の糸井嘉男が2本のホームランを放ち快勝した試合です。

 

わかさスタジアムでの公式戦は3年ぶりの開幕となります。

スポンサーリンク

 

オープン戦では2016年の3月に一度試合したことがあります。

 

相手はロッテで、1点ビハインドの9回ウラにT-岡田が逆転サヨナラ2ランホームラン打ってサヨナラ勝ちしています。

 

 

そして今回、2018年に公式戦で戦う相手はロッテです。

日曜日のロッテ戦ということで、お客さんは入りきらないですね。

 

わかさスタジアムは収容は20000人です。

日曜日のロッテ戦は、大阪ドームなら30000人近く入るので、わかさスタジアムだと溢れます。

 

わかさスタジアムの外野は西武ドームみたいに芝生となっており、ぎゅうぎゅう詰めになりそうですね。

 

 

ただ、滅多にやらない球場ですし、オリックスはその球場で相性も良いので、是非京都のファンの方にも、オリックスの良いところを見てほしいですね。

 

 

わかさスタジアムは阪急京都線の西京極駅降りて徒歩5分ぐらいです。

 

やるからには天候にも恵まれて、かつオリックスが勝利してほしいと思います!

 

 

追記です!

その5月27日の京都でのロッテ戦ですが、急遽、阪急ブレーブス復刻デーとなることが決まりました。

 

着用するユニフォームはゴールデンウィークの西武戦で着用したユニフォームと同じ、阪急ビジターユニフォーム。

 

京都のわかさスタジアムは阪急ブレーブスが準本拠地として使用していたこともあり、急遽決まりました。

 

ゴールデンウィークの阪急復刻の時は西武相手に2勝1敗と勝ち越したので、このロッテ戦も1試合だけですが、勝ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“オリックス 京都で主催試合2018年 阪急復刻急遽決定” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。