セ・パ同時優勝の歴史


9月14日にソフトバンク、広島共にマジック1となり、セ・パ同時優勝の可能性がありました。

 

16日にソフトバンクだけが優勝したため、セ・パ同時優勝とはなりませんでしたが、もし仮にそうなっていたとしたら、それは59年ぶりの事でした。

 

半世紀以上も達成されていないセ・パ同時優勝、過去に3回あります。

 

その歴史はどうなっていたのでしょうか。

スポンサーリンク

 

初めてセ・パ同時優勝したのは1951年の南海と巨人です。

 

しかし、この年の優勝はちょっと特種でして、マジックが0になったから優勝したわけでなく、後に日米野球が控えており、スケジュール的に厳しくなったため、ペナントが途中で打ち切りになりました。

 

そのために、その時1位だった南海と巨人の優勝が決まりました。

 

 

2回目は1954年の西鉄と中日です。

西鉄はこの日、阪急に勝って優勝を決め、中日は試合がありませんでしたが、マジック対象チームが負けて優勝が決まりました。

 

 

3回目は1958年の西鉄と巨人です。

西鉄はこの日、近鉄に勝って優勝を決め、巨人は試合がありませんでしたが、マジック対象チームが負けて優勝が決まりました。

 

 

それ以降、セ・パ同時優勝はありません。

最初、8年間で3度もあったのに、そこから59年ないんですね。

 

 

もちろん、なかなか難しい事だとは思いますが、惜しい時は今までもありました。

 

それが1993年です。

この年は西武が10月3日にマジック1となりました。

 

しかし、4日から西武は引き分けを挟み4連敗。その間にヤクルトが11連勝し、11日に両チームマジック1で並びました。

 

12日は試合がなく、13日にセ・パ同時優勝の可能性がありましたが、西武は勝って優勝を決め、ヤクルトは負けたため、同時優勝とはなりませんでした。

 

今回の両チームマジック1は1993年以来24年ぶりです。

 

 

マジック2で並んだことはありました。1998年です。

この年は西武と横浜が10月6日にマジック2で並びました。

 

7日に西武が優勝決めたのに対し、横浜は雨で試合中止になったため同時優勝はなりませんでした。

 

 

なかなか同時優勝は難しいものですね。

 

マジック1で足踏みはよくあるものです。

 

1995年のオリックスもそうでしたね。マジック1でグリーンスタジアムでロッテに3連敗くらいました。

懐かしいです。

 

2018年はセ・パ同時じゃなくていいから、そろそろオリックスも優勝して欲しいですよ。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「セ・パ同時優勝の歴史」への2件のフィードバック

  1. フラグではないけど…そこは横浜とオリで
    久しぶり同士の同時優勝とか、ロマンあるンゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。