吉田正尚キャリアハイ11号も近藤大亮プロ初黒星


9月12日 ZOZOマリンスタジアム

ロッテーオリックス 23回戦

 

山本由伸2勝目とはなりませんでした。

 

吉田正尚がキャリアハイの11号を打ちましたが、勝ちきることはできませんでした。

スポンサーリンク

オリックス5-7ロッテ

 

先発ピッチャーは山本由伸と唐川です。

 

唐川はここまでオリックス戦は5試合に登板して3勝0敗防御率1.16という成績を残しています。

 

 

山本の立ち上がりです。

1回裏

先頭の加藤翔平にヒット打たれると、続く荻野貴司にもヒットでつながれます。

 

角中は打ち取り、1死1.2塁から

ペーニャにタイムリー打たれました。0-1

 

さらに1死1.3塁から

福浦の深いショートフライで3塁ランナー荻野貴司がタッチアップ。

これがセーフになり、ショートフライ犠牲フライで追加点取られました。0-2

 

 

しかし、この人の一発で追いつきます。

 

4回表

この回先頭の西野がサードへの内野安打で出塁し、1死1塁から

 

吉田正尚の2ランホームランで同点!2-2

吉田正尚はこれがキャリアハイの11号です。完璧でした。

 

 

さらに5回表

この回先頭の若月がヒットで出塁すると、続く駿太がしっかり送りバント。

 

西野は倒れますが、吉田正尚が敬遠気味のフォアボールで歩かされます。

 

そして、その2死1.2塁のチャンスに

ロメロが勝ち越しのレフト前タイムリーヒット。3-2

 

ロメロのタイムリーで勝ち越しました。しかし、勝ち投手目前の5回裏でした。

 

5回裏

この回先頭の平沢にストレートのフォアボールを与えると、1死後、荻野貴司にヒットでつながれます。

 

さらに角中には粘られた末にフォアボールで満塁のピンチ。

 

ペーニャは三振に切ってとり、2死満塁から

福浦に逆転の2点タイムリー打たれました。3-4

 

山本由伸はここで無念の降板。2勝目とはなりませんでした。

 

 

2番手金田が後続のピンチを抑え、6回は自ら作ったピンチも無失点に抑えると、流れは来ました!

 

7回表

この回先頭の駿太がショート内野安打で出塁すると、続く西野は送りバント。

 

続く吉田正尚もヒットでつないで1死1.3塁から

ロメロの犠牲フライで同点に追いつきました。4-4

 

打った瞬間は行ったかと思いましたが、風で押し戻されましたね。

でも、とりあえず山本由伸の負けは消すことができました。

 

 

しかし、7回裏

この回から登板のヘルメンが、先頭の角中に内野安打で出塁を許すと

 

ペーニャは打ち取り、1死1塁から

福浦に勝ち越しのタイムリーツーベース打たれました。4-5

 

 

それでも8回表

1死から大城の代打安達が左中間に同点ホームラン!!5-5

 

 

しかし、今日はリリーフ陣がしっかりしません。

 

8回裏

この回登板の近藤ですが、先頭の肘井に内野安打で出塁を許すと

 

続く加藤翔平が送りバントで1死2塁から

荻野貴司に勝ち越しのタイムリー打たれました。5-6

 

さらに、角中は打ち取り2死3塁から

ペーニャのセカンドゴロを西野が痛恨のタイムリーエラー。5-7

 

 

最後はチャンスを作りましたが、内に抑えられて負けました。

 

山本由伸に負けはつきませんでしたが、リリーフ陣もお疲れですね。

 

ロッテに何回も負けるのも悔しいです。

 

 

明日からはそのロッテ以上に負け越してるソフトバンクとですね。

 

来年のためにも、少しは維持を見せて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。