9/22 オリックスー西武 最終戦


オリックスー西武 最終戦 大阪ドーム

 

今日は観戦に行ってました。12勝12敗で迎えた、西武最終戦。勝ち越しがかかった試合、エース金子千尋の登板でしたが、金子千尋が打たれ、敗戦。

今シーズンの西武戦負け越しが決まりました。

 

オリックス3-5西武

先発ピッチャーは金子千尋とウルフ

 

先制したのは西武、2回表。先頭の森友哉がツーベース、続く山川はセカンドゴロ進塁打、続く栗山フォアボールで1死1.3塁から、渡辺直人のショートゴロ併殺崩れの間に先制。0-1

 

しかし、3回裏。2死から、女房役の伊藤光がレフトスタンドへ同点のホームラン!!1-1

最近は、金子千尋が先発する日しか、スタメンで出れなくなっていますが、僕はオリックスの正捕手は伊藤光だと思っているので、腐らずに頑張ってほしいです。

 

伊藤光のホームランでバッテリーごと乗っていけるかなと思ったんですが、4回表でした。

先頭の森友哉ヒット、栗山ツーベースなどで1死2.3塁から、渡辺直人に勝ち越しの2点タイムリー打たれました。1-3

渡辺直人は送球間に2塁へ、さらに、ワイルドピッチで1死3塁となり、続く呉に犠牲フライ。1-4

同点になった直後に下位打線へと続く並びで3点勝ち越されたのは痛かったです。

 

さらに、5回表には浅村にホームラン。1-5

浅村だけじゃないですけど、西武の打線はほんとに強力ですね。

 

金子千尋は6回5失点で降板。4点目がもったいなかったですね。今年はやっぱり制球がなんかおかしいです。

 

7回は2番手赤間がしっかり立て直し、そして7回裏でした。

先頭の吉田正尚がヒット、T-岡田倒れて1死1塁から、中島がレフトスタンドへ2ランホームラン!3-5

低めの難しいボール球だったと思いますが、よくスタンドまで持って行きましたね。これで一気に試合がわからなくなりました。

 

しかし、8回は昨日のリベンジと言わんばかりに牧田に9回は増田に抑えられて、そのまま試合終了。

勝ち越しがかかった西武最終戦に負けてしまいました。

 

休日のホーム最終戦ということもあり、たくさんの方が応援に来ていましたが、試合は残念でした。

 

さて、白熱の盗塁王争いは、今日は糸井も金子侑司も盗塁無しで、1個差のままです。残り試合はオリックスが7試合、西武が5試合です。

 

さて、週末は千葉マリンスタジアムでロッテと最後の2連戦です。

消化試合ではありますが、ディクソン、西勇輝と10勝目をかけて登板があると思いますし、ロッテはサブローの引退試合もあるので注目です。

 

今シーズン観戦成績 34試合 15勝17敗2分

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「9/22 オリックスー西武 最終戦」への2件のフィードバック

  1. こうして見るとまずまずの勝敗ってか勝率なったのではないでしょうか?
    とは言えボギの大洋は2試合しか今年行ってないけど
    2勝0敗ですた

    うん…行ってないからですわ

    来年は今日買った三浦ばんでふのユニで背番号ぐらいの
    18試合は行って見たいけどもなぁ

    1. オタクジラさん

      全部ホームですからね。ホームではやっぱりもっと勝たないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。