9/21 中島宏之 古巣西武と乱闘


オリックスー西武 24回戦 大阪ドーム

 

昨日、大敗したオリックスですが、今日は松葉の好投と駿太の殊勲打で勝ちました。

中島の怒りが打線に喝を入れたかもしれませんね。

 

オリックス5-2西武

先発ピッチャーは松葉と岸

 

先制したのはオリックス、1回裏。1死から安達がヒットで出塁すると、盗塁決めて1死2塁から、吉田正尚のタイムリーツーベースで先制。1-0

 

さらに、3回裏。先頭の糸井がヒット、続く安達がフォアボールと吉田正尚が進塁打となる外野フライで1死2.3塁から、T-岡田の犠牲フライで追加点。2-0

最低限の仕事です。

 

しかし、4回表。2死後、森友哉ツーベースで2死2塁から、当たっている山川にタイムリー打たれ1点差。2-1

 

今日の松葉は素晴らしいピッチング。好調西武打線をしっかり抑えてくれました。

 

しかし、7回表。1死後、山川にヒット、続く呉にもヒットで1死1.2塁から、代打上本にタイムリー打たれて同点。2-2

センターへの難しいフライでした。確かにセンターの守備の腕の見せ所でしたが、小島もう一歩でしたね。あのフライを捕れるようになって、レギュラーとってほしいです。

 

しかし、松葉は続く1死1.3塁のピンチは防ぎました。上本の盗塁失敗が大きかったですね。

 

そして、8回裏でした。

代わった牧田から、T-岡田がデッドボール、さらに続く中島にも2者連続のデッドボール!

これに中島が切れました。古巣西武、元同僚牧田にも容赦ありません。中村剛也が懸命に間に入ってましたね。

 

さらに、1死1.2塁から、西野がライト前ヒットで満塁のチャンス。

 

しかし、牧田キラー小島は三球三振。2死満塁となり、バッターは駿太。

 

フルカウントから打った打球は、ライト前へ勝ち越しの2点タイムリーヒット!4-2

やりましたね駿太。今年もバッティングで苦しんでるけど、いいところで打ってくれました。

 

さらに、2死1.3塁から、若月のショートゴロを呉がタイムリーエラー。5-2

 

この回一気に勝ち越しました。

中島が切れた事に、牧田が完全に動揺していたように思います。

 

9回は平野佳寿がしっかり3人で抑えてオリックス勝利!

 

西武戦の連敗が続いていたので、止まって良かったです。

盗塁王争いの方は、糸井も金子侑司も今日は0で1個差のまま。残り試合数はオリックスが8試合で西武は6試合です。

 

さあ、明日は西武との最終戦。エース金子千尋の登場です。

今日の勢いのまま勝ってほしい。明日は観戦に行く予定です。

 

さて、今日は試合前に小松聖が今シーズン限りでの引退のニュースがありました。詳細はこちらです。↓

9/21 小松聖 引退

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“9/21 中島宏之 古巣西武と乱闘” への 2 件のフィードバック

  1. 勢いは大事やけども
    乱闘とかの勢いは要らないのですわ

    にしてもなぁ…2者連続はイカンですわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。