プロ野球100人分の1(野手攻撃編)2016年


フジテレビのユアタイムでやっていたプロ野球100人分の1をまとめてみました。

 

まず、はじめに。こちらは2016年のプロ野球100人分の1位です。

2017年はこちら

プロ野球100人分の1位2017年

 

2016年は以下

①野手攻撃編 ②野手守備編 ③投手編にわけています。

 

今回は①野手攻撃編です。

 

スポンサーリンク

 

パワーヒッター

1.筒香嘉智 32票

2.大谷翔平 16票

3.メヒア 15票

番外.新井貴浩 1票

 

パワーヒッターキングはセ・リーグホームラン王の筒香嘉智でした。

 

パ・リーグホームラン王のレアードは外れましたね。

 

意外だったのは2位に大谷翔平が入ったこと。

 

選手達は試合前の大谷のバッティング練習が見れます。その練習を見て、投票した人が多いようですね。

 

それにしても、これまでランクインするのはすごいですね。

 

ちなみに、僕の中では、もういないですがペーニャが印象深いですね。

打った瞬間、低い弾道だと思っても、そのまま入ってしまう。

 

敵の時も味方の時もパワーは1番だと思ってました。

 

また、T-岡田がホームラン王取った時は、T-岡田も選ばれていました。

 

ノーステップ打法でスタンドまで飛ばすのがすごい!という意見が多かったですね。

 

T-岡田にはもう一回この部門でランクインしてほしいですね。

 

 

 

走塁部門

1.西川遥輝 22票

2.鈴木尚広 16票

2.糸井嘉男 16票

4.山田哲人 10票

番外.砂田毅樹 1票

 

毎年、鈴木尚広が1位だったこの部門ですが、今年は2位でした。

 

1位は西川遥輝。これも当然だと思います。

 

糸井も2位に入りました。改めて、来年は敵なのが残念です。

 

ちなみに、僕の中ではロッテの荻野貴司ですね。ルーキーの時からこの選手めちゃくちゃ速いと思って見てました。

 

怪我さえなければ、何年も盗塁王を取ってもおかしくない選手だと思います。

 

 

 

バットコントロール

1.角中勝也  25票

2.川端慎吾  16票

3.坂本勇人  12票

番外.中島卓也  7票

番外.大谷翔平  4票

 

大谷翔平はここでもランクインしていますね。

 

1位の角中勝也は納得です。バットコントロールというか、どんなボールでもヒットにしてしまうイメージがありますね。

 

オリックスでは、昔、坂口や後藤が選ばれていた時もありました。

 

後藤は天性のローボールヒッター。膝より低いボールをヒットにしていたので、当時西武の中島も後藤をあげていたと記憶しています。

 

アベレージヒッターの象徴だと思うので、来年は西野あたりが選ばれてほしいですね。

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。野手守備編、投手編もあわせてお楽しみください。happy good

 

野手守備編

プロ野球100人分の1(野手守備編)

 

投手編

プロ野球100人分の1(投手編)

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

“プロ野球100人分の1(野手攻撃編)2016年” への 3 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。