黒木優太 救援失敗


7月30日 京セラドーム大阪

オリックスー楽天 16回戦

 

楽天に3タテできる試合でした。

 

9回ツーアウト。ほぼ勝ちを確信したところから、まさかまさかの逆転書きでした。

スポンサーリンク

オリックス3-4楽天

 

先発ピッチャーは西勇輝と釜田です。

 

楽天は今日から茂木栄五郎が復帰しています。

 

2回表

1死からクルーズがツーベースで出塁すると、その後、2死2塁から

 

嶋基宏に先制のタイムリー打たれました。0-1

 

 

しかし、直後の2回裏

この回先頭のロメロがヒットで出塁すると、続く中島がデッドボールで無死1.2塁から

 

マレーロが同点のタイムリー打ったくれました。1-1

 

しかし、後続の無死1.2塁で勝ち越せず。こういうところで点が取れないから、今日みたいな試合になるんですよ。

 

 

それでも4回裏

この回先頭の中島がツーベースで出塁して無死2塁から

 

マレーロが勝ち越しの第7号2ランホームラン!!3-1

 

マレーロ、今日3打点です。

 

 

投げては先発の西勇輝は3回以降は素晴らしいピッチング。

 

ピンチを迎えても、よく粘っていました。

 

 

しかし、7回表

アマダーにホームラン打たれました。3-2

 

ちょうど先週、サヨナラホームランを打たれた相手です。

 

それでも西勇輝は7回2失点のナイスピッチングでした。

 

 

8回は近藤が登板。

いきなり、聖澤、島内に連打打たれますが、ウィーラー、銀次、アマダーを抑えて無失点に抑えます。

 

そして、9回は黒木が登板。

代打中川を空振り三振、続く三好も空振り三振であっさりツーアウト。

 

もう勝ったと思いました。

 

しかし、続く嶋基宏にストレートのフォアボール、さらに茂木にもフォアボールを与えて、1.2塁のピンチを作ると

 

聖澤に痛恨の逆転の2点タイムリーツーベース打たれました。3-4

 

まさに痛恨でした。

2死ランナー無しからフォアボール2つで溜めたランナーだったので、本当にもったいなかったです。

 

 

何より西勇輝が可哀想すぎる。

 

開幕3戦目も、1点リードの9回ツーアウトから逆転されて、西の勝ちが消えています。

 

今日も同じような展開で勝ちが消えました。

 

未だ4勝ですからね。もっと勝っていてもいいはずです。

 

楽天にはまだまだ借りが残っています。

 

7月は前半いい形でしたが、最後は嫌な終わり方となってしまいました。

 

8.9月の反攻に期待します。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。