ヤクルト杉浦稔大と日本ハム屋宜照悟 トレード


プロ野球、トレード期限ギリギリでまた1組成立しました。

 

ヤクルトの杉浦稔大と日本ハムの屋宜照悟です。

 

同じ右投手ではありますが、中継ぎを強化したいヤクルトと、先発を強化したい日本ハムの思惑が一致しました。

 

今回もパ・リーグとセ・リーグのトレードですね。

 

びっくりしたのは、杉浦は現在、怪我でリハビリ中だということです。

 

普通、残りのシーズンを見据えて、すぐに戦力になる選手を獲得するものですが、現在リハビリ中の選手を獲得するとは異例です。

 

 

来年以降の戦力になることを見据えているようですね。

 

それにしても今年のトレードは全て日本ハムです。

 

 

杉浦稔大投手と屋宜照悟投手はこんな選手です。

 

杉浦稔大

1991年度生まれの今年度で26歳、筒香嘉智や菊池雄星世代ですね。

 

北海道出身で、国学院大学からドラフト1位で2014年にヤクルトに入団しています。

 

当時の背番号はエースナンバーの18番。

 

しかし、3年間で6勝止まりであったため、今年から18番は剥奪です。

 

奥さんはご存知、元モーニング娘の紺野あさ美です。

 

地元北海道で巻き返しを図ることになります。

 

 

屋宜照悟

1988年度生まれの今年度で29歳、斎藤佑樹世代ですね。

 

沖縄出身で国士舘大学からJX-ENEOSを経て、2013年にドラフト6位で日本ハムに入団しました。

 

プロ通算は3勝0敗、昨年と今年は一軍での登板はありません。

 

 

今回はこの両者の1対1のトレードです。

 

杉浦はドラフト1位の選手だっただけに、ヤクルトファンからすれば衝撃でしょうか。

 

今回はピッチャー同士、また右投手同士のトレードなので少し珍しかったかもしれませんね。

 

 

トレードの期限は7月31日までです。

 

今後また、衝撃なトレードはあるのでしょうか?

注目です!!

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。