涌井秀章 2000投球回 達成


1998年7月7日、ロッテが17連敗を喫した神戸でのオリックスーロッテ戦以来の七夕のオリックスーロッテ戦。

 

あの時のようには行かず、負けました。

 

山岡は素晴らしかったですよ。

 

打線と平野佳寿が誤算でしたね。

スポンサーリンク

オリックス1-3ロッテ

 

先発ピッチャーは山岡と涌井です。

 

2週間前と同じ顔合わせになったこのカード。

 

両チームとも好投し、投手戦となります。

 

それでも、先制します。

5回裏

この回先頭の若月がヒットで出塁すると、小島が送って、その後、2死2塁から

 

小谷野のタイムリーで先制しました。1-0

 

 

しかし、7回表

この回先頭のパラデスに同点ホームラン打たれました。1-1

 

うーん、このバッターは安パイだと思ってたんですがね。

 

結局、山岡は8回1失点で降板。ナイスピッチングでした。

 

しかし、打線が涌井を打てません。

涌井は本日、2000投球回を達成しました。おめでとうございます。

 

 

試合は9回に登板した平野佳寿が大誤算すぎました。

 

9回表

この回先頭の鈴木大地にヒット打たれると、続くパラデスにはフォアボール。

 

加藤をショートゴロの後、角中を敬遠フォアボールで1死満塁から

 

福浦に勝ち越しの犠牲フライ打たれました。1-2

 

この1点で済めばよかったのですが。

 

中村にフォアボールで2死満塁から

 

井口には押し出しのフォアボールを与えました。1-3

 

ここで平野佳寿はノックアウト。

 

そのまま試合も敗れました。

 

正直、平野佳寿は厳しいですね。

 

結果論ではなく、黒木を使うべきでした。

 

 

西武が勝ったため、ゲーム差は7まで広がりました。

 

この前、3.5ゲームまで縮まったのですが、あっという間ですね。

 

 

もう負けられないですよ。ペナントを面白くして欲しいです。

 

 

また、本日7月7日は七夕です。

 

1998年7月7日は今日と同じ、神戸でのオリックスーロッテ戦でした。

 

その試合前までロッテは16連敗中。その試合では9回裏、1-3からプリアムの同点2ランで追いつきました。

 

その試合でロッテは17連敗となったわけなんですが。

 

今日は、その時と同じ1-3で9回裏迎えたのですが、あの時のようにはいかなかったですね。

ロッテ17連敗 98年7月7日 オリックスーロッテ 神戸

 

オールスターまで残り5試合、全勝で頼みますよ。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。