ロッテ17連敗 98年7月7日 オリックスーロッテ 神戸


本日、オリックスは試合がありません。

 

明日からはホームでロッテ戦を迎えます。7日、8日はほっともっとフィールド神戸で、9日は大阪ドームでの試合です。

 

 

みなさん、7月7日に神戸でのオリックスーロッテというと覚えてらっしゃいますでしょうか?

 

 

そうです。

19年前、ロッテがプロ野球記録となる17連敗目を喫した日です。

スポンサーリンク

 

プレイバック 1998年 7月7日

オリックスブルーウェーブVS千葉ロッテ

 

この日は、平日のナイターにも関わらず、2万人を超えるファンの方がいました。

 

ロッテの先発ピッチャーはご存知、ジョニー黒木でした。

 

その日ロッテは福浦とフランコの犠牲フライと、キャリオンのホームランで3点とります。

 

一方でブルーウェーブ打線は黒木をなかなか打てず、暴投による1点のみ。

 

8回を終わって、わずか2安打1得点でした。

 

 

そして、1-3で迎えた9回裏。

 

この回も黒木が続投します。

 

9回裏のブルーウェーブの先頭バッターはイチローでした。

 

そのイチローを空振り三振!

 

しかし、続くニールがヒットで出塁します。

 

続く谷佳知は三振で2死1塁。

 

バッターはこの日無安打のプリアム。

 

カウントは2ストライク1ボール。

 

あと1球で連敗脱出。

 

 

しかし、黒木の投げた139球目

 

プリアムがレフトスタンドに同点の2ランホームラン!3-3

 

 

黒木はマウンドでうずくまり、涙を流しました。

 

あと1球というところからの悲劇の同点ホームラン。

 

黒木はここで降板。

 

試合は延長12回裏に広永の代打サヨナラ満塁弾ホームランでオリックスがサヨナラ勝ち。

 

この瞬間はロッテはプロ野球記録となる17連敗を喫しました。

 

 

さらに、翌日も負けたため、18連敗という記録を残し、これは未だに破られていません。

 

 

ちなみに、次の日、当時のエース小宮山悟が連敗を18で止めました。

 

1998年6月13日、小宮山悟がブルーウェーブに負けて始まった連敗を、7月9日、小宮山悟がブルーウェーブに勝って連敗を止めました。

 

 

 

思い出に残っている方もいるのではないでしょうか?

 

僕は当時からオリックスブルーウェーブファンだったので、もちろん覚えていますよ。

 

 

明日、2017年7月7日は19年ぶりの神戸でのオリックスーロッテ七夕開催となります。

 

 

実はまだ当時のメンバーでは福浦がいるんですよね。

 

明日は、当時3歳だった山岡が先発です。

 

新しい歴史を作ってほしいですね。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「ロッテ17連敗 98年7月7日 オリックスーロッテ 神戸」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。