準決勝の相手はアメリカ


準決勝の相手がアメリカに決まりました。

 

その前に、川﨑宗則率いるカブスとの練習試合から。

スポンサーリンク

日本4-6カブス

 

日本は控え組が何人かスタメン出場しました。

 

カブスは川﨑宗則が1番バッターでスタメン出場です。

 

先発ピッチャーは藤浪晋太郎でした。

 

日本は初回から先制します。

1回表

菊池がレフトスタンドへホームランで先制。1-0

 

東京ドームはホームランの出やすい球場ですが、準決勝からのアメリカの球場は出にくくなるでしょうね。

 

でも、菊池が打ったことで、こっちでもホームランは打てるんだと思ってくれたらいいかなと思います。

 

幸先よく先制しますが、その裏に藤浪は、川﨑宗則にヒット打たれ、その後、盗塁でピンチを招き、同点に追いつかれます。1-1

 

さらに3回裏にも、またも先頭の川崎に出塁を許したところから始まり、2失点。1-3

 

結局、藤波は4回を投げて3失点という内容でした。

 

 

今日は投手陣がよくありませんでした。

 

5回裏は増井が登板するも2失点。1-5

 

6回裏は松井裕樹が登板して1失点。1-6

 

しかし、7回は宮西が無失点に抑えると、ようやく日本打線が繋がりました。

 

8回表

この回先頭の平田がヒットで出塁すると、続く小林、田中もヒットでつなぎ無死満塁のチャンス。

 

そして、菊池の内野ゴロの間と、秋山の内野ゴロの間で1点ずつ返し、なおも2死3塁のチャンスで

 

筒香のタイムリーヒットでさらに1点返しました。4-6

 

しかし、反撃もここまで、8回裏は則本昂大が抑えますが、9回表をあっさり3人で抑えられ、負けました。

 

まあ、日本にいる時から練習試合は勝ってなかったので、心配していません。

 

リリーフ陣も平野や牧田を休ませるような継投だったと思います。

 

あと1試合、練習試合があって、そしていよいよ準決勝です。

 

そして、本日行われたアメリカ対ドミニカの試合で、アメリカが勝ちました。

 

プエルトリコとアメリカが準決勝進出を決めました。

 

前回の覇者のドミニカが予選ラウンドで姿を消すことになりました。

 

日本の相手はアメリカです。

 

アメリカとの対戦は久しぶりですね。

 

相手にとって不足なしなので、すごい試合になりそうです。

 

前回はこの準決勝で負けましたからね。この試合にかける思いは強いでしょうね。

 

このあとの予定は

オランダープエルトリコ 日本時間21日

日本ーアメリカ 日本時間22日

 

と、なっています。

 

見れませんが、全力で応援しますよ。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。