WBC開幕戦


今日から、WBCプールBも始まりました。

 

初戦はキューバです。大味な試合になりましたが、なんとか白星スタートすることができました。

スポンサーリンク

日本11-6キューバ

 

先発ピッチャーはロッテの石川歩です。

 

立ち上がり、ピンチを迎えますが、なんとか0点で切り抜けると。

 

その直後の1回裏。

2死から青木宣親がツーベースで作ったチャンスに、筒香が先制のタイムリー打ちました。1-0

 

開幕しての初回に点を取れたのは大きかったと思います。

 

先発の石川歩は3回に1点を失いますが、4回を1失点と試合を作ってくれました。

 

すると、4回裏。

松田のヒットと、小林のバントで2死2塁のチャンスから、山田哲人がレフトスタンドへ勝ち越しの2ランホームラン!と思いきや、ファンの少年がフェンス前でボールをキャッチしたため、エンタイトルツーベースに。2-1

 

それでも勝ち越しタイムリーになりました。

 

さらに、5回裏。

フォアボールで出塁した中田翔が盗塁を決めて、ランナー2塁のチャンスから、坂本勇人がレフト線へタイムリーツーベースで追加点。3-1

 

さらに、続く鈴木誠也もフォアボールで繋ぎ、1死1.2塁から、松田がレフトスタンドへ3ランホームラン!!6-1

 

大観衆みんなで熱男ーー!!!

 

この回、さらにもう1点追加しました。7-1

 

日本の2番手は則本昂大。5回、6回は良かったですが、7回にデスパイネのホームランから計3失点しました。7-4

 

しかし、直後の7回裏。

ヒットで出塁した菊池を1塁において、4番筒香嘉智がライトスタンドへ2ランホームラン!!9-4

 

8回は我らの平野佳寿が登板しました。

しかし、セペダにフォアボール、デスパイネにはヒットを打たれ、1イニングもたずに降板。

 

代わった秋吉が2点タイムリー打たれたので、平野佳寿は3分の2で2失点という内容でした。9-6

 

8回裏にも2点を加えた日本、今度こそ駄目押しとなりました。11-6

 

最終回は牧田が登板。満塁のピンチを招くなど、危なっかしかったですが、なんとか抑えて日本勝利です。

 

スコアだけを見ると、大味な試合になりましたし、内容も決していいとはいえなかったですけれど、本番なので、勝てたことが全てです!これでもう大丈夫でしょう。

 

 

さあ、明日はオーストラリア戦です。

明日勝って、軽く一次ラウンド突破を決めてしまいましょう。

 

オリックスのオープン戦も始まりますし、楽しみです。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「WBC開幕戦」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。