宗佑磨 骨挫傷でキャンプ離脱


オリックスの宗佑磨が高知キャンプ中、左肩の痛みを訴え、離脱しました。

 

高知市内の病院でCT、MRIの検査の結果、左上腕骨骨頭の骨挫傷と診断されました。

 

そのため、キャンプリタイアとなり、大阪へと帰阪されています。

 

 

骨挫傷とは骨折と打撲の間ぐらいの症状で、骨は折れていないけれど、骨に損傷があるという状態です。

 

骨折しているのではなく、骨の内部が損傷している状態をいいます。

出血、炎症や強い痛みが主な症状です。

 

野球選手は特に多いみたいですね。

 

主にMRI検査で判明し、レントゲンで骨折がみられなければ、骨挫傷と診断されます。

 

なので、症状はそんなに重くはありません。

 

 

若手選手が1番成長する時期に離脱するのは痛いです。

 

特に宗佑磨の場合は、高知キャンプだけでなく、このあと台湾にウィンターリーグに行く予定です。

 

 

さて、ここで気になってくるのが全治です。

 

骨折の場合は、全治だいたい2〜3ヶ月かかると言われています。

 

もし、骨折だったらウィンターリーグどころか、春のキャンプもギリギリです。

 

ただ、宗佑磨の場合は骨挫傷なので、骨挫傷だとだいたい2〜3週間で治ります。

 

なので、台湾ウィンターリーグにはギリギリといったところですね。

スポンサーリンク

 

宗は今年、プロ初ヒットを打ってこれからという選手です。

 

ルーキーの岡崎も頑張っています。

ドラフトでは、福田周平、廣澤伸哉、山足達也と3人もショートをとりました。

 

さらに、ポジションは違えど、同い年の田嶋大樹が入団してきます。

 

 

1日でも早く治して頑張ってもらいましょう。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

著者の自己紹介はこちら

『青波牛太のオリックスブログ』著者紹介

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。