侍の平野佳寿の初登板


本日より、プロ野球はオープン戦がスタートしました。また、WBCの日本代表の壮行試合が始まりました。

 

日本代表の今日の相手はソフトバンクです。

 

試合はなんと、0-2で完封負けしました。幸先の悪いスタートになってしまいましたね。

 

今日の侍ジャパンのスタメンはこちら

1 DH 山田哲人

2 セカンド 菊池涼介

3 ショート 坂本勇人

4 レフト 筒香嘉智

5 ファースト 中田翔

6 ライト 鈴木誠也

7 サード 松田宣浩

8 キャッチャー 大野奨太

9 センター 秋山翔吾

先発ピッチャー 武田翔太

 

という、スタメンです。

 

先発の武田翔太は素晴らしいピッチングでした。相手がソフトバンクということで、新鮮さもあったでしょう。

 

3イニングを投げて、ノーヒット、無失点に抑える素晴らしいピッチングでした。

 

2番手はこちらも同じくソフトバンクの千賀滉大。

 

4回は無失点に抑えましたが、5回に捕まり、1失点でした。

 

6回は藤浪晋太郎がマウンドに上がりました。

リリーフでマウンドに上がることなんて、ほとんどないと思いますが、WBCは球数制限がありますので、第2先発というのが必要です。

そのための練習だったでしょう。

スポンサーリンク

そして、7回表には我らの平野佳寿が登板しました。

 

これが日本代表のデビュー戦です。背番号は66番。キャッチャーは巨人の小林誠司です。

 

まず、先頭の新外国人ジェンセンをライトフライ。

 

続く上林もライトフライ。

 

そして、続く真砂は空振り三振と、しっかり3者凡退で抑えてくれました。

 

侍の正クローザーに一歩近づきました。

 

この後、8回は松井裕樹、9回はヤクルトの秋吉亮が登板しましたが、松井裕樹は1失点、秋吉亮は無失点でしたが、ランナーを出したりと、内容は平野佳寿の方が良かったです。

 

なので、是非、平野佳寿に9回を任せてほしいと思います。

 

 

ただ、野手陣が心配です。

散発4安打の完封負け。しかもヒットを打ったのが、菊池涼介が3安打、筒香嘉智が1安打で2人だけでした。

 

ソフトバンクの先発は東浜巨でした。その後に投げたピッチャーでいいピッチャーはスアレスと森ぐらいです。

 

まだ、初戦だけなので、なんとも言えませんが、本当は結果を出して欲しかったですね。

 

これだけのメンバーが揃っているので、これからいろんな選手や、いろんな打順を試すと思うので、その中で、いい打順が決まればいいかなと思います。

 

侍ジャパンの今後に期待しています。

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「侍の平野佳寿の初登板」への2件のフィードバック

  1. 勝ちリレーの一人には何とかなりそうな…
    もち、クローザーも悪くないのですん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。