有原までソフトバンク


日本ハムからメジャー挑戦していた有原航平が、日本球界に復帰することになりました。

 

古巣の日本ハムではなく、ソフトバンクに入団することになりました。

 

オスナや近藤健介に続いて、またもビッグネームの獲得。

 

しかし、有原は戦力になるのでしょうか?

スポンサーリンク

右肩動脈瘤の手術

有原はメジャー1年目の2021年に、利き手の方である右肩の動脈瘤の手術を受けています。

 

おかげで、2年間活躍できず。

 

2年目の2022年は、マイナーリーグでも負け越してる散々な成績でした。

 

その怪我の回復具合がどうなのかというところ。

 

日本ハム時代の有原では無いですよ。

 

先発の補強はわかるけど

ソフトバンクが補強しないといけないのは、千賀が抜けた先発。

 

オスナや近藤健介を獲得する前に、先発を補強しないといけないのでは。と思ってました。

 

正直、東浜や石川がエースと言われてもピンとこない。

 

千賀が抜けた先発陣はかなり劣ってるイメージなので、そこを補強するのは理にかなってると思います。

 

ただ、前述の通り、戦力になるかどうかは、また別です。

 

オリックスキラー有原

有原といえば、オリックスキラーですよね。ほとんど勝った記憶がありません。

 

上沢ほどではありませんが、有原にも、とにかく勝てなかった。

 

だから、メジャー行った時は嬉しかったです。

 

チームは違えど、その有原とまた対戦しないといけないと思うと、イヤでしょうがありません。

 

日本ハム時代の有原とは違うといっても、それでも有原は有原ですから。

 

ソフトバンクの強力打線が控えていますし、また天敵にならなければいいんですけどね。

 

ソフトバンクの大型補強

それにしても、ソフトバンクは動きすぎですね。

 

10月2日に優勝逃して、そのオフに大型補強といえば、2015年のオリックスを思い出します。

 

あの時のオリックスは、中島、小谷野、ブランコ、バリントンを獲得しました。

 

でも、それと比べると、ソフトバンクの補強は偏ってないので、いいとは思いますけど。

 

オリックスの場合は、中島、小谷野、ブランコと、ポジションもタイプも似てるのを獲得して、余ってしまいましたから。

 

ソフトバンクは抑えのオスナ、先発のガンケル、有原、野手の近藤健介と、まだバランス取れてる気がします。

 

2015年のオリックスみたいになってほしいですが、ならないでしょうね。

 

 

ソフトバンクの補強はまだ終わらない気がしますね。。

 

 

 

この度、ブログランキングに参戦しています。よかったら応援して頂けると嬉しいです。

ランキングの順位はこちらから見れます↓

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

 

Twitterやってます。フォローよろしくお願いします。

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です