パワプロの「パワフル」に勝てない方へ(攻撃編)


パワプロ大好きなオリックスファンです。

 

大好きなオリックスで、エンドレスでペナントやってます。

約1ヶ月半で1シーズン終えるぐらいやり込んでいます。

 

パワプロは昔からやってますが、年々リアルになって、コンピューターも強くなってるイメージ。

 

なかなか「パワフル」で勝てない方もいるでしょう。

 

しかし、何度もやってると、ある程度攻略法も見えてきました。

 

今回は私の経験上、勝てる方法をお伝えしたいと思います。

 

守備編も用意しております。

パワプロの「パワフル」に勝てない方へ(守備編)

スポンサーリンク

ほぼ絶対に盗塁できる方法

盗塁決まればチャンス拡大。

しかし、盗塁しようと思ってる時に、牽制に誘い出されたり、ウエストされて刺されたりする事も多いのでは。

 

しかし、2ストライクと追い込まれると絶対、牽制もウエストもしてきません

私の経験上、ほぼ間違いないです。

 

なので、2ストライクと追い込まれると、スタートを切りやすいです。

 

ここで、盗塁できる目安の選手を紹介します。

「走力A+盗塁E以上」

 

走力がA以上あれば、盗塁がEでも盗塁は決まりやすいです。

 

オリックスだと、福田周平や渡部がそうですが、盗塁は決まりやすいですね。

 

逆に走力がAでも、盗塁がFだと厳しいです。

オリックスの来田がそれで、来田ではなかなか盗塁はできません。

 

逆に走力がBでも、盗塁C以上であれば盗塁できます。

オリックスでは中川圭太や西野がそれで、十分に盗塁できます。

 

走力B+盗塁D以下では厳しいですね。

 

まとめると

走力A+盗塁E以上、走力B+盗塁C以上の選手は、積極的に盗塁する事をお勧めします。

 

オリックスでは、佐野皓大、福田周平、小田裕也、渡部遼人、山足達也、安達了一、中川圭太、西野真弘は確実に盗塁決めることができます。

 

私は、絶対に牽制もウエストもしてこない2ストライクになってから、盗塁を仕掛けてるのですが、注意する事があります。

 

それは2ストライクと追い込まれてるので、毎回ランエンドヒットみたいになる事です。

 

ストライクなら打ちに行かないと三振になりますから。

 

でも、このやり方で、ボール球なら盗塁成功。ストライクなら打って、1.3塁という形を何度も作ってきました。

 

ただし、ウエストといかないまでも、全力ストレートで外角や高めに外れると、盗塁失敗する事も多いので、そこだけ注意が必要です。

 

大事なことを繰り返し言いますと。

2ストライクと追い込まれると、牽制もウエストもしてこないということです。

 

送球間に2塁へ

ランナーが2塁にいる時に、外野にヒットを打つと、3塁回る回らない関わらず、バックホームしてくる事が多いです。

 

その間にバッターランナーが2塁に進むことができます。

 

うまくいけば、1点入ってなおランナー2塁という状況を作れます。

 

タッチアップで進塁する時も同じです。

 

ランナー満塁で外野フライ。

中継を使わずにバックホームする事が多いので、レフトフライでも2塁→3塁、1塁→2塁へ進塁ことができます。

 

 

コンピューターはパワフルになると、強敵ですが、前述した盗塁と走塁で攻略してみてください。

 

守備編はこちら

パワプロの「パワフル」に勝てない方へ(守備編)

 

 

 

この度、ブログランキングに参戦しています。よかったら応援して頂けると嬉しいです。

ランキングの順位はこちらから見れます↓

にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ
にほんブログ村

 

Twitterやってます。フォローよろしくお願いします。

 

 

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「パワプロの「パワフル」に勝てない方へ(攻撃編)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です