「球持ち」BS放送 球辞苑


1月28日BS放送の球辞苑、今回のテーマは「球持ち」です。

 

ゲストに吉井理人氏を招いて、球持ちについて話してくれました。

 

また、途中、VTRではオリックス投手コーチの星野投手コーチが登場し、オリックスで1番球持ちの悪い選手についても暴露していました。

おもしろかったですよ。

 

まず、球持ちとは?

前の足が地面に着いてから、リリースまでの長さの事を言います。

 

よく、球持ちが良い、球持ちが悪いといいますが、球持ちが良いと球速が速くなくても速く感じる。球持ちが悪いと、球速がスピードガンほど速くは感じないと。

 

これは昔からよく言われますね。

 

球持ちがいい選手は、ソフトバンクの和田毅や横浜の今永とかですかね。

球は速くはないですが、振り遅れているイメージがあります。

 

逆に、球持ちが悪い選手といえば、元横浜・巨人のクルーンですかね。

来日当時は160㎞投手で話題になりましたが、結構打たれていたイメージがありますし、当時の選手はみんな速く感じないと言ってましたからね。

 

 

この球持ちが良い、球持ちが悪いという表現にメジャーリーガーの上原浩治が反発。

 

上原自身はどちらかというと、球持ちが悪い選手。それでも、ここまでやれてるんだから、良い悪いの表現は良くないと。

球持ちが長い、球持ちが短いと表現すべきだと話していました。

 

また、球持ちが長いから良い投手、球持ちが短いから悪い投手とは限らないと断言していました。

 

これにはスタジオの吉井理人氏も同意見。プロのピッチャーの考えはそうなんですね。

スポンサーリンク

 

星野伸之

また、遅いストレートで活躍した選手といえば、オリックスの星野伸之ですね。

 

僕は昔からのオリックスファンなので、星野の試合も良く行ってたのですが、最速は134㎞しか見たことがありません。

 

カーブでもそうですが、よくストレートで三振をとっていたイメージがあります。

 

カーブの後にストレートが来るからバッターは打てないのかと思っていたのですが、球持ちが長いから、バッターは速く感じていたようですね。

 

また、VTRではスタッフがこんな質問をしていました。

「オリックスの投手のなかで1番球持ちの悪いピッチャーは誰ですか?」

と。笑

 

それに星野投手コーチは即答!

「コーディエ!!」

 

確かに納得できます。笑

150㎞台後半出るにも関わらず、1軍でもそうですが、2軍でと打たれていましたからね。

 

もう退団しましたが、去年のオープン戦の被安打0は何だったんでしょうね。

 

 

このBSで放送されている球辞苑は本当におもしろいです。次回のテーマは「6番バッター」です。

土曜日の23時からBSのNHKの放送ですので、是非見てみてください。

 

先週放送分はこちら。テーマはファールでした。

ファール BS放送「球辞苑」

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

青波 牛太

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。