WBC 全選手確定


WBC日本代表、28人中27人決まっており、残り1人の選出待ちとなっていました。

 

そして、その残り1人は広島カープの田中広輔に決まりました。

 

田中広輔はご存知セ・リーグ優勝チームのリードオフマン。

クライマックスシリーズセカンドステージでは驚異の打率8割超えでした。短期決戦の強さが評価されたかもしれませんね。

スポンサーリンク

改めて、選出メンバーはこちら。確定です。

増井浩俊(日本ハム)背番号19

宮西尚生(日本ハム)背番号15

大谷翔平(日本ハム)背番号16

千賀滉大(ソフトバンク)背番号41

石川歩(ロッテ)背番号20

牧田和久(西武)背番号35

則本昂大(楽天)背番号14

松井裕樹(楽天)背番号10

平野佳寿(オリックス)背番号66

菅野智之(巨人)背番号11

藤浪晋太郎(阪神)背番号17

秋吉亮(ヤクルト)背番号12

岡田俊哉(中日)背番号34

大野奨太(日本ハム)背番号27

嶋基宏(楽天)背番号37

小林誠司(巨人)背番号22

中田翔(日本ハム)背番号13

内川聖一(ソフトバンク)背番号1

松田宣浩(ソフトバンク)背番号3

田中広輔(広島)背番号2

菊池涼介(広島)背番号4

坂本勇人(巨人)背番号6

山田哲人(ヤクルト)背番号23

秋山翔吾(西武)背番号55

鈴木誠也(広島)背番号51

筒香嘉智(横浜)背番号25

平田良介(中日)背番号8

青木宣親(アストロズ)背番号7

 

以上が第4回WBCメンバーとなります。ついに全員決定しました。

 

内野手が残り1人決まりませんでしたが、どうやら最初に有力とされていた日本ハムの中島卓也は、調整不足を理由に断っていたようですね。

 

また、代役でソフトバンクの今宮健太の名前も上がりましたけど、今宮も怪我あけで断念していたようです。

 

その他に、川崎宗則やヤクルトの川端慎吾などの候補が上がっていましたが、広島の田中広輔に決まりました。

 

 

さて、これで28人そろいました。

あとは、打順やローテーションがどうなるか。

 

僕は十分に世界一になる戦力だと思っています。

 

あとは、監督が選手をどう起用するかですね。ローテーションがどうなるか、大谷翔平をどう使うかなど。

 

去年11月の壮行試合の時と、メンバーも変わっているので、いろいろ試したいかと思いますが、試合も3月の数試合しかありません。

 

それに、3月の強化試合のあと、すぐに本番が始まりますからね。ピッチャーは使い辛いかもしれません。

 

まずは3月7日のキューバ戦に向けて、しっかり頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「WBC 全選手確定」への2件のフィードバック

  1. 前回よりはえぇーと思うのです
    前回はバタバタ騒ぎでしたし…そういう意味では
    決勝ぐらいは最低行って貰わないとですんw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。