ファール BS放送「球辞苑」


BSで放送されている球辞苑でファールについてやっていました。

 

ゲストで里崎智也を呼んで、1番ファールを打った選手、内野手、外野手別に、1番ファールフライを捕った選手、1番ファールフライを捕った球場が発表されていました。

スポンサーリンク

2016年、1番ファールを打った選手

1位 中島卓也 (日本ハム) 759球

2位 倉本寿彦(横浜) 524球

3位 角中勝也(ロッテ) 520球

 

1位は当然この選手ですね。2位との差が断トツです。ヤクルトの川端慎吾は入らなかったですね。川端もファールが多いイメージがあります。

それよりも、ファールの数なんてよく数えているなと思いますよ。笑

 

 

2016年、外野手で1番ファールフライを捕った選手

1位 西川遥輝(日本ハム)

2位 中村晃(ソフトバンク)

3位 鈴木誠也(広島)

 

と、なっていました。

このランキングは微妙ですね。数が多ければ上手いというわけではないと思いますが。

 

でも、外野手のファールゾーンは小さいので、フェンス恐れずに取りに行けるのはすごいと思います。

 

 

2016年、内野手で1番ファールフライを捕った選手は

1位 ホセ・ロペス(横浜)

2位 マウロ・ゴメス(阪神)

3位 細谷圭(ロッテ)

 

と、なっています。

内野手のファールフライは外野手のファールフライに比べて難しいと思います。

 

外野手のファールフライはフェンスだけを注意していればいいですが、内野手のファールフライは野手と野手が接触しやすいですからね。

 

さらに、ファーストとサードは後ろに飛んだ打球は本当に難しいと思います。

 

 

2016年、1番ファールフライが多かった球場は

1位 千葉マリンスタジアム

2位 東京ドーム

3位 札幌ドーム

 

と、なっています。

千葉マリンスタジアムと札幌ドームはわかりますね。この球場はファールゾーンが広いですからね。

 

東京ドームは試合数の多さからランクインしたようです。

 

ちなみに、千葉マリンスタジアムはファールフライの数が2008年から9年連続で1位です。

 

これはすごいですね。確かにファールゾーンは広いですが、風で流されるから捕るのが難しい球場だと思います。

 

千葉マリンスタジアムでのファールフライといえば、平野恵一のフィールドシート激突を思い出しました。

 

素晴らしいプレーでしたが、怪我だけは気をつけてほしいですね。

 

 

今回は「ファール」についてでしたがBSで放送されている「球辞苑」はおもしろいですよ。

 

次回は1月28日23時放送です。

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。勝利を頂!

スポンサーリンク

投稿者: 青波 牛太

熱狂的なオリックスファンです。1993年から応援しています。 選手では、田口、谷、イチローの外野トリオがとにかく好きでした。 オリックスのブログを書いています。試合見れなかった人でも、僕の日記を見れば、試合内容がわかるということを目標に書いています。 いつか優勝するその瞬間に、オリックスファンみなさんと喜べるよう、一緒に応援して行きましょう!

「ファール BS放送「球辞苑」」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。